2009年11月18日

雪降ったり溶けたり

DSC01760.JPG

62作目です。
「雪降ったり溶けたり」




DSC01793.JPG

前作より
白い線いっぱいに。





DSC01788.JPG

遠くの山の
白の領分




じわりじわり
増えていきます。

DSC01782.JPG





銀杏の葉は
近くの神社から。

DSC01784.JPG

なきむし鳥は
これは
誰の羽根ですか?
ですって。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




posted by てるてる小僧 at 20:00| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。経緯を織りつづけて、ずいぶんと面積の広いのになってきましたね〜感心その@

なきむし鳥の可視世界がすごい!立派な比喩になってて。感心そのA
Posted by ダイハード at 2009年11月19日 18:13
ダイハード 様

このちとぼくの
がーでぃあん?


なきむし鳥が言っています。

たまに難しい言葉使っても
人を
ちとなんて・・・・・ね。
Posted by てるてる小僧 at 2009年11月21日 02:06
よいかおり 様

ご心配おかけしました。
元気です。

ちょっと俳句が面白くて?
織物を怠けてしまいました。

週末からまた始めます。

Posted by てるてる小僧 at 2009年12月04日 06:26
お元気そうなので良かったです。

「浮き寝鳥」なんて名前あるんですね。冬なんですね。知りませんでした。水鳥というより、この句に合ってる感じですね。
今日の俳句、短歌的な連句って感じですね。面白いなと思って、全部メモさせていただきました。
いつも、斬新な感じで刺激的です。人参や海老芋には思えませんよ。
Posted by よいかおり at 2009年12月04日 08:33
よいかおり 様

>全部メモさせていただきました。

もったいないお言葉
ありがとうございます。

手足が冷たくならなければ
織機の前に座るのですが
炬燵から出られないでいます・・・・・

長い冬ですから今からこんなでは
いけませんよね。

「坂の上の雲」に刺戟を受けて
俳句強化週間になっていまーす。


Posted by てるてる小僧 at 2009年12月05日 00:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。