2010年04月01日

エイプリルフール

DSC05512.JPG

76作目です。
「エイプリルフール」





絵手紙教室を
やるので

DSC05521.JPG

来てね





知らない方から
誘われました。

DSC05517.JPG

とりあえず
絵手紙




私に1枚書いてくださいねと

DSC05523.JPG

その方が
持っていた大きな
封筒の隅に





住所と名前を書くと

DSC05540.JPG

店員さん2人も
次々・・・・・




そして
届きました。

DSC05534.JPG

なきむし鳥も
むわむわも




お返事

DSC05528.JPG

お返事



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



posted by てるてる小僧 at 15:28| Comment(265) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
おひさしぶりです!!

なきむし鳥、むわむわ、
変わらず元気そうで何よりです。
Posted by 佐藤元信 at 2010年04月01日 22:28
こんばんは〜更新おめで10ございますw
・・・・おぉ、
コノ絵手紙の花のみごとさよ!
うらやまC!ニャ〜w
とかくメールで済ます時代の、
小確幸(by.村上春樹)だと思われ。

じつはワタクシ、
「日本絵手紙協会」
会長と毎日、
絵手紙のやりとりをしてて、
ソノご縁で、絵手紙が本に掲載されたコトが(^^;)
なつかC!ニャ〜w



Posted by ダイハード at 2010年04月01日 23:27
佐藤元信 様

サボっていました。
マンネリなのに白い糸が織りたいし。

すこしずつ空色と草色を
増やしていこうかと思っています。

最近むわむわの来た
ショップに行きました。

そこでとても親切なおじさんに
出会いました。
むわむわのおかげ?

Posted by てるてる小僧 at 2010年04月06日 01:44
ダイハード 様

絵手紙されるんですね。
では茶碗の絵付け楽しみです。

この水仙を描かれた方も
随分離れた他県の方と
二人展をされたとか。

私は絵手紙はもう少し後の
楽しみにしようかなと・・・・・
もっと私の俳句が
優しいものになってから?!

Posted by てるてる小僧 at 2010年04月06日 01:56
このところ、ちょっと体調を崩していました。
紫の蝶の小ささ小ささの
この句、なんだかとてもいいなと思っていましたが、コメントもできないまま過ぎてしまっていました。
Posted by よいかおり at 2010年04月06日 12:32
よいかおり 様

心配しておりました。
寂しかったです。

なんか子供みたいに
どの句を好きと言っていただけるかしら?と
UPした途端に待っている
自分がいるのです(笑)

紫の蝶の小ささ小ささの
初め
紫の蝶の小ささ小ささよ
だったのですが
どうしても、の、にしたかった・・・・・

こういうとき自制出来ない自分が?
好きなんです!



Posted by てるてる小僧 at 2010年04月07日 04:35
「の」の方がいいですよね。「の」の方が好きです。
「よ」だと、外から、小さい蝶を愛おしむ感じだけど、「の」だと、自分自身も蝶の一部に同化しているような、句全体が、まぁるく一つになったような・・。
Posted by よいかおり at 2010年04月07日 10:06
よいかおり 様

ごめんなさい
コメントを要求してしまいましたねぇ。

私もやはり俳句で言い足りないと
短歌になってしまう傾向があります。

最近は統一しないで
俳句も短歌も出来たら直ぐ
UPするようにしています。
いじっても余りよくなりません・・・・・



Posted by てるてる小僧 at 2010年04月08日 05:55
おひさしぶりです
言葉の端々に、だんだんと春の色が濃くなるのを感じて、わくわくしてきます

懸案のパッケージが完成したのでお渡ししたいと思っています

都合の良いときにご連絡くだされ
Posted by あらた ひろし at 2010年04月08日 22:06
昨日は病院へ行って来ました。検査に半日を費やして結果は一週間後。

おもしろい句が並んでいますね。
チューリップを鬱金香というなんて知りませんでした。
わざと転んで、しばらくそのままでいたいと思うような野原、この頃、あまり見かけなくなってしまいました。でも、昔はそんなこと思ったことがあるような、懐かしい感覚。
Posted by よいかおり at 2010年04月09日 11:17
よいかおり 様

チューリップ少し変わったのばかり
買ってしまったみたいです。
あとピンクのぎざぎざのが
咲く予定・・・・・

桜は県下の2市に昨日
開花宣言が出ましたが
我が町は明日?くらいでしょうか。

1週間結果待ち、落ち着かないでしょうね
でもきっと大丈夫!ですよ。
Posted by てるてる小僧 at 2010年04月11日 01:31
あらた ひろし 様

とてもよい仕上がりで
嬉しくなりました。

これから落ち込んだ時に
愛聴致します。
毎日聴くってこと?
Posted by てるてる小僧 at 2010年04月11日 01:40
「〜さくらさくなどさくらちるなど」、いいですね。本当にその通りですよね。私がお城の桜に気を取られている間も、庭の雑草たちは小さな花を次々咲かせているのです。

検査の結果はまだですが、何となく見えてきたような気がします。どうもナトリウム不足だったのではないかと・・。
夫の血圧に合わせて塩化カリウムが主体の塩に変えて2ヶ月ほど経つのですが、低血糖のような症状が現れてきて・・。ナトリウムが不足するとブドウ糖が吸収されなくなるのだそうですね、特に脳に。通りで、このところ塩で握ったおにぎりがやたら食べたかったと・・。
病院での問診で、体重減少だけは全く当てはまりませんでした。しっかり体重キープしていた私です。
Posted by よいかおり at 2010年04月13日 15:43
よいかおり 様

叔母のところに行ってきました。
居心地がよくてなかなか戻れませんでした。
文書整理のお手伝いもなかなか進まず
宿題を持ち帰りました。

お花見にあわせて出かけたのですが
寒くて叶わず
代りに雪見してしまいました。

俳句も短歌も忘れて
おしゃべりばかりしていました。

それにしても叔母夫婦の
病院通いの忙しいこと・・・・・
4日滞在しましたが2日病院の日でしたよ。
Posted by てるてる小僧 at 2010年04月18日 23:05
よいかおり 様

この歌は
事実が美しい?ので
あまりひねるのはよそうと・・・・・

庭の手入れをしている方を見ると
話がしたくなりますが
そういう場面はあまりありませんねぇ。

たいてい花の名前を確かめるのですが
この日はおまけに
摘んでいいよといわれて嬉しかったです。
何十年ぶりかのウコギご飯でした。
Posted by てるてる小僧 at 2010年04月28日 00:31
よいかおり 様

今日も雨で
桜は散ってしまったことでしょう。

桜のいいとこは散ってしまっても
次々色々な花が続くので
あの潔い別れが
寂しさを感じさせないとこでしょうか。

詩は子供の頃から書いていて
止めたり又始めたりです。

もう桜が終わりか?と
思ったとき
なぜか575やってる気がしなくて
出てくるままに言葉を記してしまいました。
Posted by てるてる小僧 at 2010年04月29日 14:37
おぉおっぉと
珍しいなと・・・

桜の木の下の詩を読みました

いつまでも少女の感性をお持ちですね

さすが天才少女ですね
Posted by あらた ひろし at 2010年04月29日 14:52
『柏餅』の詩のフレーズから、こんな俳句を作らせて頂きました。

もーいいかいまーだだよ9月の風が

もーいいかいもーいいよ5月の風に
Posted by よいかおり at 2010年05月07日 13:50
あらた ひろし 様

そんなに褒めると?
調子に乗って
小学生の詩書いてしまうかも。

短歌や俳句の縛りが
少し私を大人にしてくれたのに(笑)
Posted by てるてる小僧 at 2010年05月07日 21:50
よいかおり 様

夏の風がずーと
次の夏の風を
待っていたのですね。

小さい頃
「林檎を食べた。一つ食べたら一つ食べた。」
のようなフレーズに出会って
えらく驚いてしまいましたが
ずーと後からマザーグースのなかの
詩だったと知りました。

明らかに
影響を受けていますね。

5月は花が次々咲いて
詩を書くのが
間に合いません・・・・・






Posted by てるてる小僧 at 2010年05月07日 22:10
よいかおり 様

オーガニックにこだわっている
八百屋さんなので
こんなことがあったのですね。
元気に飛んで行ってしまいました。
少しベランダにいてほしかったです。
Posted by てるてる小僧 at 2010年05月11日 23:31
蝶々さん、お元気で何よりでした。

今日はお誕生日でしたか?おめでとうございます。
美しい5月生まれ。5月、私も大好きです。鈴蘭も美しい。
Posted by よいかおり at 2010年05月14日 23:12
よいかおり 様

誕生日が2日違いの友達とプチ旅行して
ケーキを食べてきました。

土曜日は冲方丁のトークショー
木曜日はウイーン少年合唱団の演奏会
田舎にしてはいろいろあって・・・
いい誕生日の1週間でした。
Posted by てるてる小僧 at 2010年05月16日 00:13
よいかおり 様

4月から市内の大学の聴講生になりました。
週に1回だけですが通学しています。
学内の庭に牡丹があったので
また写真をUPしてしまいました。
句には少し無理があります。

牡丹は牡丹色
薔薇は薔薇色
紅色系が主ですが
白に惹かれてしまいますね。
Posted by てるてる小僧 at 2010年05月20日 07:14
よいかおり 様

牡丹の句ですけれども
雑誌で特選になりました。

自分勝手な句作ですから
佳作は時々ありましたが
それ以上は難しかったです。
こうしてやっと
報告できること嬉しいです。

小夏もここ!というところで
ほんとはもっと強調したい
のをこらえて終わらせました。
そこをちゃーんと
見てくださるので感激です。

いつもながらの優しいコメント
こんな暗い詩なんか
書いてどうするの
と自問自答している私に
暖かいひかりのシャワーのようです
ありがとうございました。




Posted by てるてる小僧 at 2010年05月26日 23:12
おぉ!特選ですか。それは凄い。おめでとうございました。そして、私の作品を観る目の確かさも多少証明されたということですね。
自分で句や歌を作るのもいいんだけれど、好きな絵本や児童書や歌や俳句を紹介する文章を書いている時の方が楽しくて、好きだと思う詩や句を見つけたときの喜びは格別大きいのです。そんな句や歌や詩を見せて頂けるので、てるてる小僧さんに感謝しなくては、デスよね。
Posted by よいかおり at 2010年05月27日 10:24
よいかおり 様

誰に頼まれた訳ではないのに
殆ど無為と言って良いような
私の詩作です。

見守っていただけますこと
さらに明るく寛大に
>好きだと思う詩や句を見つけたときの喜び
とまで・・・・・嬉しすぎる言葉です。

これからもどうぞ
宜しくお願い致します。









Posted by てるてる小僧 at 2010年05月28日 01:12
特選とは、素晴らしいですね。

お元気そうでなによりです。

私のほうは、春のうたを二曲作りました。
が・・・作り終わった頃にはもう夏の足音が聞こえてきました。
来年の春まで塩漬けにでもしときましょうか。
Posted by あらたひろし at 2010年06月02日 19:37
よいかおり 様

今日はテレビ鳩山さんの映像ばかりですね。
空しい言葉が日本の隅々まで届いて
沖縄は何にも変わりません。

私はハンドルから手を離して
少年が自転車を乗り回しているのを
見るのが好きです。
シャツに風をはらんで
気持ちよさそうですよね。
私も子供の頃何度か
試しましたが出来ませんでした。

薔薇が咲き出しました。
暫く薔薇の句が続きそうです。
Posted by てるてる小僧 at 2010年06月02日 21:45
あらたひろし様

句会を離れてから投稿を始めました。

句会では上手くまとめて
良い子になってしまいそうでした
あまり先生を驚かしてはいけないなと。

投稿はそんな心配無しで
思いついたままにのびのび。

文学と思っているものも
自然が人間に表現させる
季節の産物ですから
あっという間に萎れますね(笑)
そしたら塩漬けです!








Posted by てるてる小僧 at 2010年06月02日 22:02
薔薇の句も面白いものが並んでいますね。
私のパソコンのデーターフォルダの中には、いらくささんの作品のファイルがあり、気に入ったのをそこに保存させて頂きました。
今まではノートにメモしていましたが、書くスペースがなくなってしまって。最初からこうしておけば、コピーしてペーストすれば、あっという間に保存できたのにね。
Posted by よいかおり at 2010年06月04日 10:07
よいかおり 様

ノートに書き写していただいていること
幸せに感じておりました。
今度は私のファイルを
作ってくださったのですね
ありがたいことです。

今日は山村暮鳥と吉野せいの本を
借りてきました。
イベントで賑やかな通りを
歩いていると
リュックの中の詩と詩人たちに
何だか申し訳ない気分になりました。



Posted by てるてる小僧 at 2010年06月07日 00:18
よいかおり 様

固有名詞ではありますが
苦しい暮らしの中で詩を書いていた
総ての人の名前でもあります。

そんな気持ちから
特に説明を入れませんでしたが・・・・・
吉野せいは
「洟をたらした神」を書いた農民作家です。
三野混沌は
せいの夫で農民詩人です。
猪狩満直(みつなお)は
夫婦の友人でやはり農民詩人です。
山村暮鳥は
一時牧師としていわきに住んでいました。
梨花は
夫婦の子供で1歳を待たずに亡くなりました。
草野心平は
息子のお古の着物を持って夫婦を訪ねていました。

その昔いわきに開墾百姓として生き
詩を書いた人々に
今朝は目録だけの?供物を捧げました。

それぞれ実ったら摘んで来たいものです。
あれほど花が咲いたグミなんか
数えるほどしか実を結んでいません。
美味しくなったら鳥たちが先に
糧としてしまうのでしょうね。
Posted by てるてる小僧 at 2010年06月11日 19:27
そうでしたか。それほどの繋がりと深さがあったんですね。
暮鳥が牧師だったのは知っていましたが、いわきに住んでいたことがあったんですね。
猪狩満直という方は全く知りませんでした。
吉野せいの名前は知っていましたが、「せい」と「こんとん」と続いていたので、違った方へ連想が行ってしまっていました。
昨日、詩は保存させて頂いたのですが、こういうことを教えて頂いて、ますます保存して良かったと思いました。
りかちゃんは梨花ちゃんだったんですね。
『りかさん』の中のりかさんは、日本人形なんです。主人公がお雛祭りにお祖母さんから贈られた日本人形。毎朝、自分の食べる朝ご飯のなかから少しづつ分けて供えるための箱膳と一緒に贈られたお人形だったので、この詩にぴったりだと思ってしまいました。
Posted by よいかおり at 2010年06月12日 10:28
よいかおり 様

こんばんは。

25歳で亡くなった富永太郎が
(夭折の画家や詩人はどうしても好きなんです)
AU RIMBAOD ランボオへ
という仏語の詩を残しています。

ちょっと真似しましたが
間違っているかも・・・・・

可哀そうな太郎
紫の雨の季節の中で
私たちは又巡り遭うよ

たわいもない遊びにつき合わせて
ごめんなさい。

ついに梅雨に入りしました。
薔薇の写真がまだまだ有るので
紫陽花が咲くまでは
薔薇病みが続きます(笑)



Posted by てるてる小僧 at 2010年06月17日 01:28
よいかおり 様

こんにちは。
コメントをありがとうございました。

何年か振りに
薔薇つながりで
星の王子さまを読みました。
嬉しい偶然です。

Penguin Booksの出版なので英文です。
仏語版も持っていたと思うのですが
今は見当たりません。

俳句の題材としては
王子さま、無理がありますが
自分を楽しませることが
必要ですね、特に雨の季節は。
Posted by てるてる小僧 at 2010年06月27日 17:05
蛞蝓の連作も面白いですね。蛞蝓にこんな風に対するなんて、私では考えられません。

小糠雨のキャベツ半分の歌も、コンビニのキャベツ半分に余韻が感じられて、物思わせてくれる感じで・・。
Posted by よいかおり at 2010年07月06日 10:45
文学は・・・季節もの・・・とは。
うまいこと言いますね。納得。

いい代えると、人の感情や行動は季節に支配されていると考えられるわけですね。

この季節の「てるてる小僧さんの短歌」妙に・・・くすぐります。この季節ときっと関係あるんだろうなとひとりごちている次第です。
Posted by あらた ひろし at 2010年07月11日 14:41
よいかおり 様

蛞蝓を見たとき
塩!とは思いませんでした。

何処から来たんですか?
ようこそこんなところに・・・・・
そんな感じです。

蚯蚓や蛞蝓の一生を想像すると
人間の不平不満が恥ずかしいような
あれっ私悟っちゃいました?か。


Posted by てるてる小僧 at 2010年07月12日 22:31
あらた ひろし 様

お久し振りです。
屁糞葛が橋のこちら側
合歓の木が橋の向こう側にあるのですよ。

車だと気がつかない季節の変化
あれこれ見つけて
ぶつぶつと言葉で遊んで・・・・・
歩く人の特権であり
義務のようなことと感じています。


Posted by てるてる小僧 at 2010年07月12日 22:53
この前の返信の最後には笑っちゃいました。私はなかなか悟れそうにありません(笑)。
ほっぺたに、むねに、ひざこぞう。ひざこぞうが可愛いですね。
確かに、肩甲骨は触れませんよね。凝りが酷いときは辛い場所です。
私、今、腰の骨がずれて右足の痺れがひどくなってきたので、毎日リハビリに通っています。そんなことで、怒りを身に受ける胡桃の歌なども気に入っておりましたが、コメントしそびれてしまいました。
Posted by よいかおり at 2010年07月30日 09:42
よいかおり 様

リハビリに通われてるんですか。
早く良くなりますように!
最近こちらではビアトリクス・ポターの
展覧会をやっていまして
日曜日はリンボウ先生が講演されました。

そんな訳でピーターラビットを
読み返し、ついでに
金子みすゞも読んだら
なんだか寂しくなってしまいました。

明日から山のほうへ行ってきます。
パソコンは置いて
最近復活させた万年筆を持って・・・・・




Posted by てるてる小僧 at 2010年08月03日 00:35
よいかおり 様
暑い日が続きますね。

この夏は珍しい蜻蛉を何匹か
見ることが出来ました。
子供の頃神様蜻蛉と
呼んでいたものも。
シャッターが追いつかず
ちょっと残念でした。

俳句は俳人の方々の伝統を
乱しているという心苦しさを
感じないで作ることが?
なかなか出来ないのですが・・・・・
詩は自由で、書いた後ほっとします。
Posted by てるてる小僧 at 2010年08月18日 10:56
よいかおり 様

初めふるやを
古屋と書きましたが
後で古家に変えました。

私らしくなく?
大人っぽい句になりました。
写真はSLが写っているのですが
よく見ないと分らないですね。

優しい叔父さんは憧れでしたが
その前に私が可愛い姪ではなかったので!
叔父さんの句羨ましいです。

町なかでは真夜中でも
真っ暗闇など望めず
空はやや青いような感じですが
月はいつも静かで美しい・・・・・

優しい乳母のように
地球を見守っていてくれて
いるような気がします。
Posted by てるてる小僧 at 2010年08月28日 10:19
4日ほど、長野の方へ出かけていました。葛は北の方の植物なのでしょうか?長野でも生い茂っていました。こちらでは、見かけません。

ずっと、叔父のことを嫌っていました。何もしゃべらない人で、取っ付きにくく何を考えているんだか分からないって、思って。
でも、私は母一人子一人で育ったので、何かあると頼らざるを得ない、そんな感じで、余計嫌だったんですね。
10年ほど前の今頃、母が頸の手術をして付き添いのために夜中に病院から呼び出されたんです。朝になって仕方なく叔父に電話すると、叔父は何も言わずに私に代わって母に付き添ってくれました。その時に出来た句です。
のたうつ母に付き添って、気を紛らわすために一晩中俳句を作っていて、その延長で出来た句です。
でも、その叔父も母より先に亡くなって、今はもういません。
Posted by よいかおり at 2010年09月02日 00:06
こんにちは。
長野に行かれたのですか。
葛は今や海外にまではびこって
嫌われているそうです。
船荷に混じって
出て行ってしまったらしくて。

いいなぁと思う句の裏に
深いエピソードがあった時
それが楽しいことであれ
悲しいことであれ・・・・・
嬉しく思います。

私が
さり気ない表現の句に
惹かれたということ
作者が
静かに掘った罠に
はまったということ。

それに引き換え
私の句は浅いですね
ついにいもしない猫の
妄想俳句を作っています(笑)

どうぞまたコメントに
俳句を沢山入れてください
楽しみにしています!

暑さが9月も真夏に
するらしいですが
どうぞご自愛を。
Posted by いらくさ at 2010年09月04日 13:27
よいかおり 様

おはようございます。
丁寧なコメントを
ありがとうございました。

20句で猫シリーズは
おしまいになります。

日本語でも
書いていたのですが
なんだか気にいらなくて・・・・・

でも追記して
UPしてみました。

暑いながらも
少しは秋らしくなって来て
私も俳句らしく書けそうな気分が
しています(怪しい?)

昨日は古書店で
明治生まれの方の句集などを
買ってきました。

誠実な生活者として生きて
生涯に1冊だけ作品集を出版して
亡くなられた方の
俳句や短歌がしみじみとしていて
いいですね。

自分だけが発見した!
そんな気分になれるので
大好きになりました。
Posted by いらくさ at 2010年09月07日 06:24
日本語訳をつけてくださって、ありがとうございました。
20代の頃、翻訳の通信教育を取っていましたが、本業の方が忙しくなって、一度も提出せず了いでした。
フランスパンは最初フランスパンだと思っていましたが、辞書を引いて別のものに訳して、理解したつもりになっていました。
溺れるという単語は「draw」と思い込んで、辞書も引かずに、空に雲で描かれた猫と解釈して「はらぺこの白猫の横鰯雲」かしら?などと思っていました。
翻訳家など目指さなくて良かったです。

鳳仙花の句は猫らしさが出ているなぁと、居もしない猫で作ったとはとても思えず、感心してしまいます。
Posted by よいかおり at 2010年09月07日 17:23
よいかおり 様

猫も庭も子供の頃の記憶が
活き活きとしていて
いくらでも書けそうです。

俳句の英訳は難かしいですね。
でも英語、日本語両方並べると
互いに補い合って
読む方のイメージを
広げる効果があるかも・・・・・

5,7,5の日本語で
表現がぴたりと決まることは
ほとんど無くて

結果、あれこれ短歌、詩、英語など
総動員してしまう私です。

それを、面白がっていただけると
ほっとして嬉しくなります。
正直、俳句の世界は堅苦しい!と
益々感じているこの頃なのです。
Posted by いらくさ at 2010年09月09日 12:50
よいかおり 様

おはようごさいます。
良い句ですね
おはじきの色を思い出しました。
藪枯らしの花を大きくすると
おはじきになりそう・・・・・

秋は蝶がのんびりしていて
写しやすくなりました。
私と視線が合ったかと思えるような
楽しい写真が撮れました。

昨日は賢治の命日
113歳の最高齢の女性が
賢治と同じ年に生まれたのだとか。

銀河鉄道の夜
読み返しました
賢治は作品も人生も美しく
誠、稀有の存在です。
Posted by いらくさ at 2010年09月22日 05:41
「無風好し」の句を拝見して、秋の到来は風によって知らされるけれど、秋が進んでいくと、風は鎮まって空が高くなって色々なものが日差しに温まっていくような日が続くと思って、重吉のこんな詩を思い出しました。

  木
はっきりと
もう秋だなとおもうころは
色色なものが好きになってくる
あかるい日なぞ
大きな木のそばへ行っていたいきがする

昨年から今年にかけて、私も、賢治について歌とも呼べないような歌を作りました。
銀河ゆく友と別れしジョバンニの悲痛なる声胸に響めり
改稿の後に残れる「きっとみんなのほんとうのさいわいさがしに・・」
泣けばいい悲しめばいいジョバンニはカムパネルラと行けぬのだから
死の床で「行って」と朱く書き付けし賢治の心「雨ニモマケズ・・
賢治読む光の国に雪霰(あられ)降る
最後の俳句は札幌で賢治にはまっていた頃に作ったものです。

いらくささんの返信を読むと、又書きたくなって、まるで手紙のやり取りをしているように長々と書きたくなってしまいます。ごめんなさい。
ですから、返信しなくっちゃと、あまり気になさらないで下さいね。
Posted by よいかおり at 2010年09月22日 14:17
よいかおり 様

「私はイスタンブールに行きました。」を
現在進行形にして遊んでみただけですが
「今イスタンブールにいるのか?」
とのコメントもあり
誤解を招いたのですが・・・・・

かおり様は
私が昔と今とを
ごじゃまぜにすること
理解していてくださるので安心です。

白い花かと思って近づいたら
葉っぱでした。
やや遠くの
知らないお宅の庭なので
聞くことも出来ず?のままです。
2メートルくらいの木でした。

近所に残っている小さな畑で
最近思いがけなく彼岸花が沢山撮れて
句も瞬間的に出てくるにまかせて
やや手抜きのブログになりつつあります(笑)

辛抱強く読んでくださいますこと
感謝申し上げます。
ありがとうございました。

Posted by てるてる小僧 at 2010年09月28日 01:18
よいかおり 様

おはようございます。

褒めていただきたいところ(笑)を
素早く撫でてくださいまして
ありがとうございました。

「子らも知るほんとは寂し笛の音と」
この句、夏井いつきさんの眼にも
ほんのちょっと留っていたようでした。

昨日は
「ドラマーは120歳白骨」
に驚いてもらったようで・・・・・
後でUPしたいと思います。

彼岸花はお仕舞いにしました。
何か別の花が撮りたいのですが
もっと遠くまで散歩しないと
なかなか見つかりませんね。

お祭りが終わってすっかり
静かになりました、ので

10月からは織物を再開しようと
思っていましたが、
右肩が痛くなってしまい
まだやる気が起きません
恥ずかしいです。
Posted by てるてる小僧 at 2010年10月02日 06:47
よいかおり 様

おはようございます。
独りよがりがエスカレートしていく
私の句や歌です。
躊躇いながらUPしましたが
すんなりと受け止めてくださって
とても嬉しいです。

ステイ先では朝食を自分で用意して
食べるのが普通ですから
毎日早起きして
庭を見ながら1時間のんびり・・・・・
たまに物置の屋根に栗鼠が来ました。

ビアトリクス・ポターにしろ
アガサ・クリスティにしろ
アイリーン・ニアンにしろ
驚くほどの強い信念を持った女性ですね。

気をつけてお出かけください。
お天気も良いですし
良い旅になりますよ!
Posted by てるてる小僧 at 2010年10月08日 05:36
お久しぶりです。
佐藤元信です。

いかがお過ごしでしょうか。
コメント欄を拝見しますと、
お元気そうなご様子が、お見受けできましたので、
安心しております。

私のほうは、
相変わらず元気にやっております。

てるてる小僧さんと、
プレゼント交換させていただいてから、
いろいろ素晴らしいことが、起こるようになった気がします。


どうもありがとうございます。
ホントご縁に感謝しております。


これからもよろしくお願いいたします。

季節の変わり目 どうか
くれぐれもご自愛ください。

佐藤元信

Posted by 佐藤元信 at 2010年10月25日 17:38
佐藤元信 様

お久し振りです!
ご心配くださいましてありがとうございます。
肩が痛くてすっかり織物から
遠ざかってしまいました。
そのかわり?言葉の世界で遊んでいます。

今年の秋には椎茸も
驚いているのではないですか・・・・・
ハウスは暖かいのでしょうけれど。
私のベランダにはパプリカが10個もなりました
はたしてちゃんと黄色になれるのやら。

Posted by てるてる小僧 at 2010年10月28日 12:47
よいかおり 様

お帰りなさい
紅葉を楽しまれたのですね。
2週間寂しかったです!

薔薇のシリーズは中也を意識しています。
コスモスの歌は昨日
ウェブ上の創刊間もない短歌だけの
フリーペーパーに掲載されていました。

「夕暮れのコスモス畑で
ご飯だよーと呼べば
かくれんぼして遊んでいた子供と一緒に
死者たちも出て来よう。」
と解説していますが
1ヶ月以上前に作っていて
実は忘れていました。

素早くコメントを頂けて
嬉しかったです。
旅の想い出を句にして見せてくださいね。
楽しみにしています。
Posted by てるてる小僧 at 2010年10月28日 12:56
ダイハード 様

おはようございます。
なきむし鳥もむわむわも
静かに涙して喜んでいます
もう忘れられたと思っていたらしくて。

共学になると同時に
校名が難しくかわった母校は
合唱団も女声から混声になってしまうのでは?
と心配しましたが
そんなことにはなりませんでした。

でも私は最近
隣の二中の合唱のほうがご贔屓です。
ウイーン少年合唱団の公演では
市内の小中学校から選抜したメンバーで
急遽ウエルカム合唱団を作って
お迎えしました。

あっ、合唱の話ばかりになってしまいましたね。
秋の音は、秋の気配と読み替えてみてください。
特定の音ではありませんが
たまーに走るSLの汽笛、たまりません・・・・・
Posted by てるてる小僧 at 2010年10月31日 05:25
ダイハード 様

ムルソーくんは
押入れが気に入っています
押入れは太陽もまぶしくないし。

三瓶さんから風呂敷の展覧会の絵葉書
頂いていたので急遽PUしました。

小豆3粒乗る布は捨てるな
そう教わったということで
彼女の仕事は
今の若い方が新しい布で作る
パッチワークとは別物です。

今日は白秋の命日ですね。
柳川は良いところでした。
昔今頃の季節に舟に乗って
生家まで行きました。

二中の子達は今年も
ホテルのホワイエで
クリスマスコンサートを
してくれると思うので
楽しみにしています。



Posted by てるてる小僧 at 2010年11月02日 06:35
よいかおり 様

そうなんですか
良い旅をされましたね。
国内を2週間の時間をかけて・・・・・
このような旅人の為にも
日本のお天気、穏やかな移り変わりを
取り戻して欲しいと思ってしまいます。

昔白秋の生家を訪ねたことがあります。
誰にも分るとはいえ
どこまで白秋のフレーズを
自分の歌に入れて良いやら
やはり10文字程が限度かなと。

土田麦僊の「罰」好きです。
私は学生の時実は美術を勉強しました。
実技は少々でもっぱら理論だけでしたが。

小学生の秋の遠足を思い出して
紅葉狩りの句を作りました。
いつのまにか漆にかぶれるようになって
山にはあまり行かなくなって
今年もテレビで紅葉狩り?です。
Posted by てるてる小僧 at 2010年11月04日 16:15
美術がご専門でしたか。私は小学校の教員課程ですので、絵は全く駄目ですが、教材図画の最後の課題が模写で、私は日本画を選んで、その頃やっていた展覧会の絵の中から『罰』にしたのでした。
それにしても、いらくささんは色んな事を本当に良くご存じですねぇ。私なんて、模写させて貰ったにもかかわらず、30年ぶりに新聞で絵を見つけるまで、作者の名前も絵の名前も憶えていませんでした。
この頃、時は流れるということを、ますます実感しています。

『若虫』の詩、「うーさぎうさぎ」の歌もいいですね。最後に付けられた「うーさぎうさぎ」は、年を取ったことなんて「知ーらない」と言っているみたいです。
Posted by よいかおり at 2010年11月05日 11:09
よいかおり 様

小学校の先生は音楽も体操も美術も
皆独りで教えなくてはいけなかったのですよね・・・・

絵はゴッホがやはり気になります。
3年前の秋、念願のゴッホ美術館に行きましたが
作品は貸し出し中が多くて
そういえば日本で随分見ているなぁと。

北斎漫画展が今日から
当地の美術館で始まります。

毎朝天気予報の気温のところが気になって
冬のコートもすでに2回着ました。
インドアの妄想俳句ばかりが
多くなりそうで怖いようなこのごろです。
どうぞ風邪にはご用心、では又。
Posted by てるてる小僧 at 2010年11月13日 05:26
ダイハード 様

おはようございます。
受けるかな?と思いながら
熊のナンセンス俳句やってみました。

ロリータもちょっとした冒険です
あっさりとスルーして
身知らず柿の方に興味を
向けて貰いたいと存じます。

俳句は書いていらっしゃいますか?
出来たら見せてください。

散歩で写真を撮っていたら
菊を頂きました。
こんな日には
冬の季語なかなか使えませんよね(笑)
Posted by てるてる小僧 at 2010年11月13日 05:31
よいかおり 様

こんにちは。
友達からこんどは白の羊をいただいて
なきむし鳥とむわむわと
三角関係?になりました。

写真はうたらばという小さな
創刊間もない20P余りのフリーペーパー。
葉っぱは近所の神社で拾いました。

姪の犬が亡くなりました。
叔母の猫も亡くなっており
どちらもなぜかチロです。
Posted by てるてる小僧 at 2010年11月19日 11:57
むわむわではなくて新しい仲間だったんですね。いらくささんが毛糸で作ったお洋服を着せてあげたのだと思っていました。

いらくささんのさびしい歌もかなしい歌も、こんな風に並ぶと楽しげに聞こえますね。まるで『マザーグース』のようです。
私は「しゅーるのにわのにわしもひるね」が特に好きです。
Posted by よいかおり at 2010年11月20日 09:47
ダイハード 様

こんにちは。
ベランダの薔薇、なんと
1ヶ月咲き続けています。

らばーとか
修羅場とか
実は私が使いたかった言葉です!
ばら寿司とか
ばらばら事件とか
ばいばい薔薇とかも。

こういう返しが楽しいですねぇ。
ありがとうございました。
Posted by てるてる小僧 at 2010年11月20日 15:04
よいかおり 様

クリスマスまでには
売切れてしまうのでと
早めのプレゼントでした。

奥州いらくさ一家は
家族がふえましたが
みーんな弱虫ですね。

ぼちぼち名前をと考えています。
何か浮かんだら知らせてくださいませんか?
出身地デンマーク
中性
むわむわとは友人でも兄弟でも・・・・・
Posted by てるてる小僧 at 2010年11月20日 15:25
よいかおり 様

コスモスの写真
気に入っていただけて嬉しいです。
句もありがとうございました。

一葉には
もっと時間をあげたかったですね。

上の階の方がベランダいっぱい
イルミネーションで飾りつけました。
ランプの尻尾が私のベランダに垂れて
青く光っています。
Posted by てるてる小僧 at 2010年11月25日 05:46
ダイハード 様

デパートに行ったので
「機嫌のいい犬」読んできました。
1フロア全部に本。
あちこちにベンチも置いてあるんですよ。

風まちの風かか
雪まちの雪じょろ・・・・・とか
書きたいなーと。
どんどんナンセンス俳句の方へ
行っちゃていいのかしら?・・・・・とも。
Posted by てるてる小僧 at 2010年11月25日 05:48
よいかおり 様

おはようございます。
芥川龍之介の西方の人を
今ぱらぱら読み返しています。
俳句は本屋さんに行ってのお楽しみ・・・・・
葡萄噛んで秋風の歌を作らばや
さりげなくていい句ですね。
季重なりも怖くない!ような気がしてきました。

昔N響のコンサートで客席に居た芥川也寸志が
演奏の後に紹介されて
立ち上がった時の姿をしっかり覚えています。
白いスーツでした。

忙しい師走
風邪を引かないでお過ごしくださいね。
Posted by てるてる小僧 at 2010年12月05日 05:44
よいかおり 様

クリスマスのコメント
嬉しいプレゼントです。
この1年優しく励まし続けていただき
感謝申し上げます。

「洞窟に」の句と
「祖母に髪」の歌
某所で佳作でした。
何も言わないのに
ちゃんと読んで下さって保存まで・・・・・
ありがとうございます。

龍之介の俳句はベンチのある本屋で
例によって座り読み?しました。
昨日は笹井宏之を又そのベンチで。
眼を湿っぽくして歌集を
書架に戻してから赤い表紙の
来年の手帳を買って帰りました。

今年もあと少しですね。
どうぞ良いお年をお迎えくださいますよう!



Posted by てるてる小僧 at 2010年12月26日 05:13
よいかおり 様

おはようございます。
ペンネンネンネンネン・ネネム
みたいに長いフルネームだと
かっこいいのですが・・・・・
ねむねむは数えると眠くなる
平凡な優しい羊の名前にしました。

とっぷりと庭に雪が積もって
氷柱が軒先に垂れて
学校はお休み
そんな雪の朝に
もう一度目覚めてみたいです(笑)

今年も宜しくお願い申し上げます
大好きな人に褒めていただけるように
なきむし鳥もむわむわもねむねむも
がんばります!と申しております。

Posted by てるてる小僧 at 2011年01月12日 05:05
よいかおり 様

杉浦日向子さんが好きだったこともあり
百鼠に見られる江戸の色彩感覚の
細やかさをとても誇りに感じています。

志村ふくみさんをNHKの番組で拝見して
鼠も良いけれどやはり紅も・・・・・
米沢紅花資料館に又行きたいなと
思っていたところでもあります。

肩が治ったら早く糸をいじりたい
いつか紅花を庭に植えて自分で染めて
織って日がな一日眺めていたい・・・・・

妄想はこの辺にして
実はグリンピースだそうです。
八百屋の店先で見つけて
これだ!と。

撮影は終わりましたが
さてどうやって食べたら良いのか?

Posted by てるてる小僧 at 2011年01月14日 22:45
しばらく、作品におめにかかれないなと思っていたら・・・・。肩を痛めてらしたのですか?
寒さが厳しい日が続きます。ご自愛くださいね。

最近・・・・芥川賞をとられた作品をはやくデジタル化したいという気持ちになってます。預かったままになっていてごめんなさいね。
Posted by あらたひろし at 2011年01月16日 22:43
そうでした。志村ふくみさんは染織家であり織物師であり、そしてエッセイストでもありました。いらくささんの世界と重なっていますね。
紅花の紅色も美しいでしょうね。ゆっくり、そして早く肩が治って、又織物ができますように。
Posted by よいかおり at 2011年01月17日 11:34
あらたひろし 様

ご心配おかけしました。
病院と日帰り入浴で頑張っています。
相当長くかかるらしいです。
手術という選択肢もありますが
意気地なしなのでちょっと・・・・・

春までは治りたいでーす。
大寒が過ぎたので
気分的に楽になりました。
勉強会が再開する
4月を目標にしています。
Posted by てるてる小僧 at 2011年01月21日 04:28
よいかおり 様

大寒をやり過ごしてほっとしました。。
当地は十分寒いのですが雪は少ししかありません。
最近友人から本を1冊頂きました
(写真今日UPします)
友人のそのまた友人の作品です。

歌集を1冊読みました
(昨日UPしました)
歌集に現れ出る人間性には驚かされます。
他人の歌を読む時はこんなにもはっきりと。
自分で詠んでいる時は
あんまり気にしていないことなのに・・・・・
Posted by てるてる小僧 at 2011年01月21日 04:33
よいかおり 様

自分でも驚きました病院ですんなりと
期待以上の短歌が出て来て。
リハビリが遅い時間帯になると
入院中の方が訓練されています。
家は何処?
とかさり気なく会話も交えて和やかです。

お婆さんが自分の家ではなくて
子供時代の実家を答えたりすると
娘さんが明るく訂正してました。
運動が済んだ方の車椅子を押しながら
スタッフは
何号室か分る?うん分らないよね・・・と
優しくて残酷な時間が流れています。


Posted by てるてる小僧 at 2011年01月28日 22:56
ダイハード 様

おはようございます2月ですね。

肩の治療で通院しているのですが
その病院のロビーで
ボランティアコンサートがあったのです。
宇宙戦艦ヤマトとか
忍たま乱太郎の、勇気100パーセントとか
楽しかったです。

句、あれこれ考えてくださって
ありがとうございました。

さて、改まって一言(笑)
私は貴ブログの再開を願っております。


Posted by てるてる小僧 at 2011年02月01日 04:48
ダイハード 様

おはようございます節分です。
「私に雪ふりかけて清らかな花束として立て掛けました」
高校生気分で詠んだら採用になりました。
ノルウェイの森を観て
次の日
勇気100パーセントを聴いて
出来たのですが・・・・・
嘘短歌?になってしまうでしょうか。

ほんとに風花やか、雪おどる・・・・・が
躍動感があっていいですね。

Posted by てるてる小僧 at 2011年02月03日 05:00
よいかおり 様

こんにちは。
嬉しいです、これで好きな時にいつでも伺えますね。
時々お茶のみにギャラリーに立ち寄りますと
三瓶さんはいつも楽しいお話がいっぱい。
この間は志村さんと一緒に山繭の織りを
見るために出かけた話など・・・・・

おまけに「雛祭の宵」という古い歌も
聞かせていただきました。
という訳で私も小さいお雛様など出してみました。
またお伺いしますね。
Posted by てるてる小僧 at 2011年02月21日 01:04
訪問、ありがとうございました。

私も、いらくささんの真似をして、小さな石に描かれたお雛様を写真に撮ってブログを更新しようと思いましたが、お雛様が逃げ出したようで、探しても探しても見つからず・・。引っ越すたびに色々なものが少しずつなくなっていくような・・。

こちらのブログをお気に入りに入れさせて頂きたいと思っておりましたが、どうも楽天ブログ以外の方のは入れられないような・・?そんなことも何も分からないまま、ブログを始めてしまったようです。ガックリ。
Posted by よいかおり at 2011年02月22日 13:40
よいかおり 様

肩が痛くてリハビリ通院していますが
入院中の方も一緒の部屋でトレーニングをします。
バスケで骨折した女子高生が一人いて
可愛かったので
高校生気分で作りました。
私は高校1年生の時交通事故にあいました。
そこで人生にも骨にもひびが入りました(笑)
ご心配くださってありがとうございます!

ブログを読ませていただくのが
ほんとに楽しみですあちらにコメントが
できるようにしたいと思いますが
ちょっとまだ慣れません・・・・・
Posted by てるてる小僧 at 2011年03月03日 05:47
ブログ見て下さって、ありがとうございます。
コメントコーナーは作っていないんです。他の方のブログに伺ってはコメントをやたら書き込んでいるのに、自分のブログではコメントコーナー設けていないなんて!なんですが・・。

肩、なかなか治りませんね。焦らず、気長に治していって下さい。

「笑窪を見せて 立ち去るのだろ」・・いいですね。こんな女の子、好きです。男性だったら、ますます印象に残って、忘れられないでしょうね。
Posted by よいかおり at 2011年03月03日 11:46
よいかおり 様

おはようございます。
昨日は帰宅したら棚から落ちた
ドライフラワーが散らばっていて
驚きましたが
今朝も早々揺れました。
思わず紅茶用のリキュールコーナーに
駆け寄っていました(笑)

「ナルニア国物語」
第3章、もう観られたのですね。
私はまだ予告編だけですが
子役の成長、早いです・・・・・
Posted by てるてる小僧 at 2011年03月10日 07:39
ダイハード 様

おはようございます。
いわき発のニュースは
この頃全国版、残念です。
今日は津波が来るらしいです。

鶴太郎の美術館というのが複数あって
その内の一つがわが県に。
友人が葉書を送ってくれました。

陶芸はいかがですか?
きっと沢山作品が出来たことでしょうね。
あっ今、津波注意報が解除されました。
昨日も淡雪がちらつきましたが
今日は良く晴れそうです、でもまだまだ寒くて
冬の長いコートが脱げません。
Posted by てるてる小僧 at 2011年03月10日 07:50
この頃いたる所で地震が起こりますね。
地震を心配して、義父母のとこに電話しても、いつも大したことないという返事で。平屋だとあまり揺れを感じないのでしょうね。でも、マンションの高層だと被害も大きいのではないでしょうか。気をつけてくださいねぇ。

鶴太郎の絵葉書、これは乙姫様かしら?と私も注目していました。春の夢の句等も興味を惹かれます。それから、

私には

価値が無いけど

行くしか無い

今世紀5区

担当なので

この歌は、何のことを歌っておられるのか分からないんですけど(映画でしょうか?)、何だかとても惹かれます。

映画を作るのは大変でしょうね。子役の成長は本当に早い!次の巻では、ルーシィ達初めからの4人が出なくなるので、人気も落ちるのではないかと心配です。でも、物語としては4巻の『銀のいす』が、一番魅力的だと思うのですが。
私の住んでる田舎では、3Dはともかく吹き替え版しか来ないので、それがちょと不満です。
Posted by よいかおり at 2011年03月11日 11:53
お昼に書き込みしたと思ったら、すごい地震。大丈夫でしょうか?
Posted by よいかおり at 2011年03月11日 18:07
よいかおり 様
ダイハード 様

ご心配おかけしました。
1階に避難して夜を過ごしました。

陶器の欠片を踏んだだけで元気です。
マンションの入り口の
タイルが剥がれてしまいました。

断水していますが
電気は大丈夫です。




Posted by てるてる小僧 at 2011年03月12日 18:30
情報は得られていますか?
情報を得るのに、ラジオ福島などのツィッターが役に立っているようです。水の配給がどこであるかなど、知ることができるようです。
Posted by よいかおり at 2011年03月13日 22:41
よいかおり 様
ダイハード 様

1週間母の元に避難しました。
いわきの方からは10ヶ月の赤ん坊も逃げてきて
ちょっと楽しい共同生活?でした・・・・・が
もっと人数が増えそうなので
私は自分のマンションに戻りました。
近くには地下の食品売り場と
書籍のフロアーが開いてる
デパートがありますし
飲み屋さん街のリカーショップが
ミネラルウォーターを売ってくれます。
人通りがない=街が私にひれ伏している
とも言うなどと呟きながら
結構大丈夫な私なのであります。
励ましをありがとうございます。
とても嬉しいです。
Posted by てるてる小僧 at 2011年03月20日 21:28
よいかおり 様

余震でまた断水しました。
なおかつ市の水道水が汚染され
赤ちゃんのミルクに用いないようにと。

このような時ですが
俳句、読んでいただいているのだ
と思うとほっとします。
的確で優しいコメントですから
オープンにしたい気持ちもありますが
まだまだ自分だけの楽しみにしていたいです。

瓦礫は片付けることが出来ますが
放射能は眼に見えない・・・・・
原発を許した県民であること
一生悔やみます。
Posted by てるてる小僧 at 2011年03月23日 01:48
不自由していませんか?
なにか困りごとなどあればお知らせください。
私は・・・元気です。少しだけ心に余裕があるので、遠慮しないでください。

原発に関しては、私達の世代も含めて、不勉強な無責任さが子供たちの未来に影響を与えてしまいました。ポイントは科学的に論理的に。感情論に流れないようにすることですかね。
Posted by あらたひろし at 2011年03月25日 18:30
あらたひろし様

ご心配ありがとうございます。
実は私は地震の前から
ミネラルウオーター大好き人間で
お米を研ぐのにも使っています。
ここにきて手に入らなくなりましたが
おーいお茶があるので大丈夫!
そのうち茶飯を炊こうかと。
Posted by てるてる小僧 at 2011年03月26日 18:19
よいかおり 様

昔おでんと茶飯が好きだったのです。
ちょっと炊き込み風にアレンジしたら
びっくり、とても美味しかったです。
次はツナ缶詰を試そうと思います。
我侭で水道水を飲まないだけですし
給水も受けようとすれば可能ですし
私は大丈夫です。

ただ放射能の汚染がどこまで
いつまで続いていくのか・・・・・
県は田植えを延ばすように指導
作付けが出来るか土壌の調査に入りました。
海水を被った水田を蘇らせるのも
大変なことです。

美しい5月の田園風景
見られないかも知れません。
種まきうさぎは吾妻山の雪渓が
うさぎの形に消え残るところから
昔福島近在のお百姓さんが
それを見てお米の種をまく時期を
知っる目安にしたらしく。
山肌にうさぎの形が現れると
今もローカルニュースに
取り上げられるのですよ。
Posted by てるてる小僧 at 2011年03月27日 19:11
よいかおり 様

ご心配かけ続けてしまって
申し訳ありません。
なきむし鳥の写真は
載せないでおこうとしていたのですが
接着剤で直す!
そう決意して撮影しました。
学生の頃東京都埋蔵文化財センターで
土器の復元をしていたことがありますから
大丈夫です。

さあこれから蕗の薹味噌を
作りたいと思います。
何年も作ったことないのに・・・・・です。
Posted by てるてる小僧 at 2011年04月04日 04:34
何となく、なきむし鳥さんがいないなぁと思っていたんです。

「学生の頃東京都埋蔵文化財センターで
 土器の復元をしていたことがありますから
 大丈夫です。」
すごいです!良かった。
元気になったら、写真に撮って下さいね。あのままの記憶では哀し過ぎますから。
Posted by よいかおり at 2011年04月04日 16:30
よいかおり 様

なきむし鳥は私の所に来てから
20年以上たちます。
むわむわ&ねむねむは1-2年。
3年前なきむし鳥の故郷のオランダに旅して
なきむし鳥をプレゼントしてくれた
友人にも会いました。
私があげた画も友人の家に飾ってあって
不思議な感じがしました。
今日は春らしい日になりそうですね。
Posted by てるてる小僧 at 2011年04月06日 06:01
よいかおり 様

津波は来ましたが、やはり無辜の海です!
魚は原発推進派も反対派もないのですから。

今日は20度まで気温が上がるとか
午後になったら近くのマイ基準木を
チェックに行ってきますね。
開花宣言したいです。
Posted by てるてる小僧 at 2011年04月14日 10:34
よいかおり 様

こんばんは。
書き出しでは想定外の男が
終わりに登場してしまいました。
メッセージ イン ア ボトルという映画の
イメージが急に蘇って・・・・・
10年以上経っていますが
海のシーン忘れがたいです。

桜も散り始めました。
立ち入り禁止となった無人の集落に
犬と牛が数匹迷い歩いている映像を
ニュースで見て哀しくなりました。
東電の社長が土下座をしても
何が起きたのかも理解できない
全く罪のない生き物です。
Posted by てるてる小僧 at 2011年04月22日 19:34
ダイハード 様

こんばんは。
皆選挙権が有って推進派の
知事を選んでた訳ですから
事故は東電の社長一人の責任で
知事以下福島県民は罪もない
などとは思いません・・・・・
楽天主義、無関心、無感覚、杜撰
立派な罪なのです。

でも、牛は何も悪くありません。
家畜の飼われる目的を考えれば
人間次第の命ではありますが
可哀そうです。

安積女子高校、懐かしい響きです
母校ですが今は共学になって
安積黎明高校です。
公平な条件の下でコンクールは
行われるべきかと思うので
東北地方のもっとひどい被害の
市町村を考えると・・・・・

辛くなってきました。
また俳句を覗いてくださいね。
ではまた。
Posted by てるてる小僧 at 2011年04月23日 20:10
ダイハード 様

こんにちは。
隣町、三春の玄侑宗久さんが
復興のリーダー役として
積極敵に発言してくれます。

向日葵の浄化力を利用して
放射能で汚染した土壌を
クリーンにと提言をしています。

さらに向日葵と菜の花の油を
燃料に使う、名づけてイエロー作戦!
是非実行して欲しいと思います。

このような状況の中で
呑気に俳句なんか作って
いるしかない私です・・・・・
気持ちではゲートを破って
立入禁止区域の牛を助け
今すぐ向日葵の種を蒔いてきたい
のですけれども。
Posted by てるてる小僧 at 2011年04月26日 17:14
よいかおり 様

ゴールデンウイークです。
気分だけでもささやかに
楽しげにしたくて
新しい靴を買いました。

ご配慮ありがとうございます。
どちらでも嬉しいです。
ただ私の方のブログが閉鎖的で
申し訳ないのですが。
Posted by てるてる小僧 at 2011年04月30日 11:12
よいかおり 様

昨日は友人と3人で
「英国王のメッセージ」
観て来ました。
5月はやはり良い季節です。
しばし地震を忘れました。
ブログ賑やかになってきましたね。
伺うのが楽しみになりましたよ。

Posted by てるてる小僧 at 2011年05月02日 15:37
よいかおり 様

こんばんは。
作品を読んだだけではなんのことは無い
しかし背景を知ったとたん好きになる
そんな詩ありますね。

私の肩はまだ痛くて
織物は何時再開できますやら。
通っていた病院も建物が被害を受けて
今は薬が欲しい外来のために
処方箋を発行するだけです。

自然に治るよ、という方の意見に従い
暫くは貼り薬とお風呂で・・・・・
治るといいなぁ。

マンションの入り口の庭に
苺の花が咲きました。
では、また。
Posted by てるてる小僧 at 2011年05月03日 20:03
よいかおり 様

こんにちは。
写真は左手だけで撮りました。
カメラを花の下すれすれに入れて
あてずっぽうでシャッターを。

下にあるものを撮る時は右手で押せますが
上はまだ腕が上がらないのでだめなんです。
でもそうやって写したものが面白いのです。
特に桜は不思議な感じです。

俳句をありがとうございます。
こういう風にして読むのが
女学生みたいで良いですね。
また楽しみに待っています。

あ、私は古い順から原発は廃炉にして
シンプルな生活と豊かな精神性を
日本人は取り戻したほうが良いと
今、強く思っていますので
この思いが消えない内にと勢いで書いた
海シリーズとか全然推敲無しで
季節の果物のようにスピード出荷?
しています。
後から読んで恥ずかしがったりしながら。
ては、またどうぞよろしく。
Posted by てるてる小僧 at 2011年05月09日 11:26
今日アップした新しいブログ『みどりのゆび』は、いらくささんの海の詩~m~を拝見して書こうと思った内容です。どうぞ、ご覧になって下さいね。

肩は、肩関節周囲炎いわゆる四十肩、五十肩でしょうか?
私も昨年左を変にして、どうも五十肩らしいと思ったのですが、片山洋次郎=著『整体から見る気と身体』の中に、五十肩というのは、胸椎2番の弾力を守るために肩関節にしわ寄せがいった状態で、加齢とともに衰えていく中で体にとって大事な方を守るために、より大事でない方が痛むのではないか、というようなことが書いてあって、無理に直そうとするのは良くないらしく、放っていました。
すると、今度は右を変にしたようで・・。
体が、「休みなさい」と警報を鳴らしているのかも知れませんね。
Posted by よいかおり at 2011年05月11日 23:21
よいかおり 様

おはようございます。
五つほど書くと
一番最後の一句がいつもなんとか
俳句らしくなります。

昨日は皐月の写真が撮れました。
皐月が咲くと淡い桜が終わって
緑が滴るという感じになりますね。
ただこんな良い季節を紙マスクで
過ごさなくてはいけなのが哀しいです。

髪を切ってさっぱりしました。
で、誕生日です私、年は山ほど(笑)
プレゼントは要らないので四十肩?
治ってほしいです。


Posted by てるてる小僧 at 2011年05月14日 04:21
お誕生日!おめでとうございます。
5月は大好きな月です。
もう少ししたら私も「さつき」のことをブログに載せようと思っていました。
「私もっと いいひとになる 筈の夏」
この句の女性像は可愛らしいですね。

四十肩を治すには、温めて動かすのが一番ではないかと思います。血流を良くすることで、必要な栄養を患部に行き渡らせます。
痛みで動かさないで居ると筋肉が固まってしまいますから、動かす方がいいです。でも、無理に動かすと逆効果なので、動かす前に肩を温めた方がいいです。
アロマエッセンシャルオイルで対応することができると思います。郡山のうすい百貨店の7階に「生活の木」というアロマ専門店が入っているはずですが、震災の後どうなっているでしょうか?そこで購入できるようでしたら、又、必要な物をコメント欄に書き込みたいと思います。
Posted by よいかおり at 2011年05月14日 21:22
よいかおり 様

おはようございます。
ご心配ありがとうございます。
今は近くのホテルに日帰り入浴していますが
マンションの総会とかが終わったら
避難湯治に出かけようかと思っています。

実は私アレルギーで香りに弱いです。
桜草にかぶれますし、百合や牡丹は
部屋に飾るとくしゃみが止まりません。
香水やエッセンシャルオイル苦手です。

緑色は熊井明子の「シェイクスピアのハーブ」です
カラー印刷の本も長くは読めません(笑)
地震の直後は無香料の洗剤が手に入らなくて
難儀しました・・・・・

郡山の子供たちだけでも
全国の廃校などに先生と一緒に
疎開させたほうがいいのではと
私は本気で思っています。

国は人口30万の都市にはそんなに
簡単に避難命令は出さないでしょう
保障ができないですから。
大丈夫。でも逃げたい人は自主的にどーぞ
とほっておかれる?かもと皆疑っています。
Posted by てるてる小僧 at 2011年05月17日 05:52
桜草のアレルギー、重症になると最近知人から聞いたばかりでした。

ほんとうなら、直接会って、アレルギーや病歴や色々お話を伺って処方しなければいけないのに、ブログのコメントで指示して精油類を買わせようとしていました。何という愚か!

湯治はいいですよね。ゆっくりお湯につかって温まって。でも、「避難」がついているので、充分気を付けていってらしてください。
Posted by よいかおり at 2011年05月18日 10:05
よいかおり 様

おはようございます。
昨日お風呂に行く時さつきを写しました。
植栽の高さが丁度良くて写しやすいです。
一つくらいなら摘んでも構いませんよ
そんな風情が良いですね。

ほんとに誰かの指に挟んであげたくなる
薔薇や菖蒲では出来ない、さりげない
触れ合いが似合う花だと思います。
白いさつきを見かけたので
今日写しに行ってみることにします。
Posted by てるてる小僧 at 2011年05月20日 04:50
よいかおり 様

おはようございます。
昔ガーデニングではなく
老人の庭いじりが盛んだったころ
祖父は「月刊さつき」という雑誌を講読しながら
沢〜山さつきの鉢を管理していました。

この20年位の間にさつきほど
愛好家を失った花はないのだとか。
もっぱら道路や建物横の植栽専門になったようです。
祖父と共に庭からは菊やさつきの
古めかしい鉢植えの花々は消えてしまいました。

クリストファーはコロンブスです。
20日は命日なのでサンタ・マリア号を操って
三陸の海底の遺体捜索に来てくれないかと・・・・・
妄想ですね。

くまのプーさんの、キーホルダー持っていますょ。
こちらを想像してもらってもいいかなと思って
コロンブスではなくクリストファーにしたのでした。
Posted by てるてる小僧 at 2011年05月22日 05:34
おはようございます。
天道虫とか蝶とかの句を作りたいのに
写真が撮れないでいました。
友だちの庭は私の庭!
えいっ、そんな感じで天道虫の句出てきました。
ありがとうございます。

昨日はデパートに行く途中に
鈴蘭があるのを思い出して
写真を撮りに出かけたのですが
盛りを過ぎていました。

見たものだけを書きたい・・・・・
でもフットワークが悪い。
おまけに空気も悪い。

なのに詩作という焼けぼっくいには
火がついた?らしくて(笑)困りました。
ではまた、よろしくお願い致します。
Posted by てるてる小僧 at 2011年05月27日 04:31
ダイハード 様

>2(木)AM2:00)〜NHK総合

ですよね・・・・・真夜中12時から
観ていますが、まだですね。
今、安めぐみとか出てます・・・・・
Posted by てるてる小僧 at 2011年06月02日 02:42
ダイハード 様

観てます観てます。
太郎さんですね。
太郎という名前は大好きです。
面白いでーす。
Posted by てるてる小僧 at 2011年06月02日 03:01
よいかおり 様

ほんとに怒ってますね!
ここは東南の角部屋なので朝日に恵まれています。
カーテン越しに早いうちに撮ると
写真なんとなくきれいです。

外の植物は高いところや地べたに花が
咲いていたりして難しいのですが
とりあえずいっぱいシャッターを押してみます。

日曜は、の句を投句しておいたら
選ばれたので・・・・・
月曜から土曜まで付け足してみました。

またまた夜中に結構揺れました。
福島以外の震源地もありますから
用心してくださいね。
ではまた。
Posted by てるてる小僧 at 2011年06月04日 05:17
よいかおり 様

おはようございます。
驚きました。
一昨日私もゴッホの
「カラスの群れ飛ぶ麦畑」を見ながら
地震に揺れている歌を作ったところです。
「銃声が 鳴り始めてる 麦畑 開いて抱いて ソファーに揺れる」
それから星月夜と向日葵畑の歌も。
モネの睡蓮や、テレビのお笑いよりも
なぜか悲しいゴッホの絵に慰められます。
それから「テオよ」は
私の困ったときの口癖です。
なきむし鳥をお土産にしてくれた友人の名であり
絵描きの弟であり
神様であり・・・・・
Posted by てるてる小僧 at 2011年06月07日 04:12
「銃声が鳴り始めてる・・」あぁ、いいですね〜、とても。
絵を見る専門的な目は持っていませんが、ゴッホは大好きな画家です。私もモネの睡蓮を観てもあまり何も感じないのですが・・。
数年前、「ドービニーの庭」という絵が二枚あって、一枚には黒猫が描かれているが、もう一枚には描かれていない、これは弟の家庭を思いやって、静かに立ち去っていくゴッホ自身を描いているのだという説を聞いて、ますますゴッホに心惹かれました。
今は亡きゴッホを胸に抱きしめたい思いに駆られます。
Posted by よいかおり at 2011年06月07日 11:04
よいかおり 様

おはようございます。
ゴッホよりサザエさんが受けました。

露草を連日撮ってきました。
色が違うのですがやはり昔ながらの
青の強いほうがいいですね。

草花はどんどん季節を追いかけて
つぎつぎと咲いています。
私朝顔の芽だしに成功したらしいのですが
未だ何ともいえません。
もう少し育ったら写真撮りたいと思います。
Posted by てるてる小僧 at 2011年06月10日 05:56
確かに、サザエさんのも面白いですよね。サザエさんは、「今日もいい天気」ですし・・。

ブログがごちゃごちゃしてきたので、短歌と俳句は、はてなダイアリーの方でブログ名を「雨音につつまれて」として、独立させました。

http://d.hatena.ne.jp/myrtus77/
Posted by よいかおり at 2011年06月11日 14:04
象の足、悲惨な場面でも可笑しみを
もったネーミングをするのですね。
今日は、チェルノブイリネックレス。

いつも真剣に読んでくださるのですね
ありがとうございます。
私は堪らなくなるとおちゃらける
傾向があります。
大丈夫ですよと、見せ掛け・・・・・
自分でも大丈夫と、思い込み・・・・・
問題解決には至らないのですが。

薔薇は近所の方が手入れされている
ところに運よく私が通りかかって
一枝いただきました。

新しいブログ字が読みやすいですね。
お申し出ありがとうございます。
そちらのブログの雰囲気を壊さないと
いいのですが・・・・・
Posted by てるてる小僧 at 2011年06月15日 16:14
ダイハード 様

おはようございます。
事故から100日経ちました。
収束の道はまだまだ長いことでしょう。
見えないものを相手にすることが
こんなにストレスだとは・・・・・

俳句や陶芸の作品は秘匿せずに?
私にも見せてください(笑)
では良い日曜日を。
Posted by てるてる小僧 at 2011年06月19日 07:43
リンクさせて頂きました。はてな以外はダメなのかと諦めかけていましたが、やり方の間違いが分かりリンクできたと思ったら、おかしな操作をしてしまって、消してしまい、又やり直してやっと完成しました。
はてなの方は写真だけをサイドに載せられて、しかもちょっとだけ綺麗に写っているので気に入っています。「ハナハチ」の写真とか、もし使えるのがあれば保存して使って下さい。自分の写真がいらくささんのブログに載ったらうれしいかも、デス。

サザエさんの短歌、載ったんですね。うん、でも、やっぱり私はゴッホのが好きです。とても、とても好きです。

私達は、「為す術がない」ということに耐えられないんでしょうね。不安がずっと続く中では生きられないのだと思います。だから、忘れたり、マヒしたり、心を守るために自然にそうなるのかもしれない。渦中にいればいるほど。
Posted by よいかおり at 2011年06月19日 17:10
こんにちは。
慰霊の日ですね。
いつもの年より思うことの多い沖縄忌でした。

こちらにも入梅宣言が出ましたが
雨は降らずに真夏日がやってきて
梅雨明けのような?感じです。
昨日から私もついに紙マスクを外しました。
暑くて息苦しくてもうだめです。

木こりとなるかも・・・・・が好きです。
あ、地震です。
今日は午前中にも長めの地震がありました。
では、また。
Posted by てるてる小僧 at 2011年06月23日 17:33
よいかおり 様

こんにちは。
いいですね強い味方がついていて
あるときは素材であるときは鑑賞者。
父も昔よく詩が出来上がると
母に読んで聞かせていましたが
母の反応?いまいちだったかも・・・・・

今日は竹炭豆を買いました
ピーナッツを竹炭の粉末で
コーティングした豆菓子です。
写真を撮りましたがあまり
きれいに写りませんでした。

最近の私の詩は雨と作業員に
とらわれてしまったようです。
読む方は楽しくないですね・・・・・
どうぞお許しを、では。
Posted by てるてる小僧 at 2011年06月27日 19:20
よいかおり 様

こんばんは。
チャペルきれいですね。
今日は蛙のグミを買ったので
蛙の俳句です。
その前の麦の写真は・・・・・
Bがわずかに見えると思いますが
BIBLE-new testament-英語の勉強用です。

さて明日から7月
7月1日は忘れられません。
4年前イギリスにいたとき
公共の建物内での喫煙が一斉に禁止となり
パブが一斉に禁煙になった日です。
それでパブに入れるようになりました。

日本が公共の建物内での喫煙禁止
そして!原発の廃炉を実行する日を
この眼で見たい私です。
Posted by てるてる小僧 at 2011年06月30日 20:48
聖書の写真には気がつきませんでした。それより、「もしもし・・」の歌に貼られた写真の色が綺麗で、これは何だろうと思っていました。
この前、夫が買ってきたペットボトルの麦茶のラベルがブルーに麦の写真でしたよ。

色んな言葉が分かると楽しいだろうと思います。新約聖書はギリシャ語、旧約聖書はヘブル語が原典で、語学の苦手な夫は神学校時代、「ここは牧師になるための学校でなくて、まるで外国語学校のようだ」と嘆いていました。

チャペルの写真はアップしたすぐは結構いいと思えたのですが、見ていると目にきついな、と・・。
今は藍色が中心の暖簾の写真を載せています。藍色は、昔から心落ち着く一番好きな色です。
Posted by よいかおり at 2011年07月05日 16:23
ダイハード 様

こんばんは。
ご心配おかけしてます。
Nコンきっと大丈夫・・・・・
以前も何かあったとき録画で予選を
行ったような?記憶があります。
二中応援してくださいね
田舎の天使です彼らは。

あっけない辞任でありました。
誰もやりたくないのですねぇ。
東北の政治家がいいと思います
九州のお金持ちではミスキャストでしょう。

山本太郎とか江頭2:50とかを
臨時大臣にお願い出来たらいいのにと
思ったりしますが・・・・・!
とにかくスピードが必要です。
Posted by てるてる小僧 at 2011年07月06日 00:31
よいかおり 様

レポートを書かなくてはいけなくて
小学校英語教育のガイドブックを買いました
一番表紙がきれいなものを選んで。
今日やっと読み始めたところです。

暖簾は夏はやはり藍ですね。
と、ここまで書いて思い出しましたが
和歌山で震度5の地震があったのですね。
大丈夫でしょうか?
建物が新しいので心配は無いと思いますが。
もう震源地が東北だけではなく
あちこち広がっていくようで怖いです。

話を戻して、布を2種類使ったところ
手作り感が出ていて良いですね。
藍色を見ていると素麺とか
心太とか蜜豆が食べたくなります。
とりとめがなくなってしまいました・・・・・
では、また。
Posted by てるてる小僧 at 2011年07月06日 01:37
ご心配、ありがとうございました。
こちらは、和歌山南部なので、震度3でした。太平洋側が震源でなかったので、津波の心配はなく・・。
でも、本当にどこにいても危険な時代に突入したという感じですね。
それにしても、政治家達はいったい何をしているのだろう?と、政治家達の頭の中はどうなっているのだろう?と、理解に苦しみます。
Posted by よいかおり at 2011年07月06日 10:24
よいかおり 様

おはようございます。
私は夢の中で、眼が覚める夢?を見ます。
学生時代の下北沢のアパートで眼が覚めたり
知らない町・・・・・インドのホテルでとか(笑)

それからほんとに眼が覚めて
何処か遠くに行ってきたような?
安上がりの旅人です。

福島県民でないのに歌を詠んで下さいまして
ありがとうございました。
嬉しいです、早くUPして下さいね。
Posted by てるてる小僧 at 2011年07月15日 07:05
よいかおり 様

光栄です!
いつでもどうぞ自由にお願い致します
信頼しておりますから。

今朝も震度4の地震でがあって
エレベーターが止まりました。

7月7日がお誕生日なんですね
遅れましたがおめでとうございます。
私にも七夕生まれの妹がおりますが・・・・・
私がこんななので
今ではお姉さんみたいです(笑)
取り急ぎお返事まで。
Posted by てるてる小僧 at 2011年07月25日 17:11
よいかおり 様

わざわざご丁寧にありがとうございます。
たとえ俳句のような表現でも
書かないよりはなにかしら伝わると思いたいです。
牛は何も言わずに犠牲になりました。
しばらく牛の瞳にとらわれ続けると思います。

ではどうぞよろしくお願い致します。
それからスグリの写真いいですね・・・・・
Posted by てるてる小僧 at 2011年07月26日 20:49
はてなの方にアップさせて頂きました。少し時間をずらして、楽天の方にも載せたいと思っています。
七夕生まれの妹さんですか、きっと良い妹さんでしょう(*^^)v。
高校の時は同じ学年に七夕生まれが私を入れて3人いました。私以外は男子でした。でも、その二人と、全く交流なしでした。
Posted by よいかおり at 2011年07月27日 20:55
よいかおり 様

こんばんは。
昨日の夕方いきなり神社の杜から
ヒグラシが聞こえてきました。
まだミンミン蝉も鳴かないのに。
今朝早くまた聞こえたので
ベランダに出て耳を澄ましたら
なんだか・・・・・別な秋の虫のようで。
たぶん郊外に出れば煩いほどの
蝉の大合唱だと・・・・・思いますが。

今日は蜂蜜の日だそうです。
面白いですねぇ、では。


Posted by てるてる小僧  at 2011年08月03日 21:49
セシウムと 花の名のごと 言う夏よ

この句を、私の
八月の影延々と今に伸ぶ
と一緒に、又ブログに掲載させて頂いてもいいでしょうか?

「ほうたる来」、力作並んでいますね。どれも、いいなと思いました。
今日の、「手花火」の句も好きでした。
でも、アップが早くて大量なので、ついていくのが大変です。遅読なので。

Posted by よいかおり at 2011年08月04日 09:56
よいかおり 様

勿論です!
気に入っている句なので嬉しいです。
ほうたる来は1日で40句一気に。

今朝も暗いうちから鳴きました。
やはりヒグラシなんだとか。

時々ひらがなだけで俳句が
書きたくなります、では。
Posted by てるてる小僧  at 2011年08月04日 11:47
おはようございます。
私のためにブログのスペースを割いてくださって
ありがとうございます。
昨日は原爆忌でした。
子供のころからこの日に祈らなかったことは
ありません・・・・・なのに・・・・・
残念です。
Posted by いらくさ at 2011年08月07日 05:02
よいかおり 様

おはようございます。
ベランダで朝顔が咲き始めました。
でも昨日はあまりにも暑くて?
早朝に咲いた花、8時にはしぼんでしまったのですが・・・・・
今日はどうでしょうか。
Posted by てるてる小僧  at 2011年08月11日 05:44
よいかおり 様

こんばんは。
何も食べられなくなっても・・・・・桃の缶詰だけは食べられた
ほんとにそうなんです、私にも経験があります。
桃には不思議なパワーが優しさの中に秘められていますよね。
>桔梗(キキョウ)の白も咲きたる母の庭
いいですね、それから月と花火の写真。

何も行動できなくて、山本太郎を応援してるしかない?私です・・・・・
Posted by てるてる小僧  at 2011年08月17日 23:07
よいかおり 様

おはようございます。
そうですね、私は「・・・・や」という
書き出しを見ただけで軽く笑う準備が
出来てしまいます。
軽みや可笑しみで、苦しみや悲しみを
包んで表現した詩歌がいいですね。

川柳のようにはっきり明快にしゃれてしまうと
ちょっと違いますが・・・・・
サラリーマン川柳とかにはときどき
感心してしまいます。

Posted by てるてる小僧  at 2011年08月26日 04:41
よいかおり 様

おともだちの死が短歌を始められた理由と、
ブログで知って・・・・・そのような方に
感想がいただけて幸いだと感じたことです。
見守られて心が安らぐのを覚えるのには
理由があったのですね。

朝顔は震災で無人になった家に咲いていました。
向日葵はこの秋の、ふくしま平和美術展から。
またつい最近、朝一番に発表される本日の季語で
俳句を作る練習を始めました。

私の実生活からは遠い季語ばかりなので
ついつい妄想満開です。
例えば自分が信じている虫と虫の声
一致していないかも知れなくて・・・・・

ありがとうございました。

Posted by てるてる小僧  at 2011年09月02日 11:55
よいかおり 様

おはようございます。
台風大丈夫でしたか・・・・・

今年は災害のニュース見るたび
もう勘弁してください
と謝ってしまいます。




Posted by てるてる小僧  at 2011年09月05日 12:30
ダイハード 様

おはようございます。
多分何十年も収束しないのでしょう
福島の原発事故は・・・・・
私たちは愚かでした。

そして折角始めた私の俳句も
俳句の真髄を遠く離れて行くばかり
だらしなく浮遊する間抜けな言葉たち・・・・・

でも遠くからこんなふうにエールが届いた日は
嬉しくなってもっと褒めてもらいたくなる
単純な私であります(笑)
どうもありがとうございました。

Posted by てるてる小僧  at 2011年09月09日 05:53
ご心配おかけしました。私自身に被害はありませんでした。ちょっと断水だったのとインターネットがつながらなかったのとくらいで。
やっとネットがつながったので、これからブログを更新しようと思います。
いらくささんの作品、保存して、後でゆっくり見させて頂きたいと思います。
Posted by よいかおり at 2011年09月11日 15:56
よいかおり 様

おはようございます。
教会がきれいに写っていましたので
まずは安心いたしました。

それに虹が出たのですね
私は今年まだ虹を見ていません・・・・・
というよりいつ見たのが最後か覚えていません
何年も前のことのような気がします。

今夜はいい月が見られますように。
Posted by いらくさ at 2011年09月12日 06:49
夜に来て

露ごと抱いて

くれという

衣被の一連も、霧の一連もいいですね。でも、この句にいっそう惹かれます。若い頃に読んだ椎名麟三の言葉を思い起こしました。「このままのおれを、泥棒であり乞食であり男娼であり裏切り者でありつづけるところのおれを・・」

虹は、かかっていても気付かないことが多いのではないでしょうか?
この前も、台風後の片付けの中で、虹を見た人はほとんどいなかっただろうと思います。私は、教会の建物は無事で、教会員の見回りはしたものの何もできず、無力感にぐったり疲れてぼぉーと二階の窓から空を眺めていたので偶々見たのですが・・。
Posted by よいかおり at 2011年09月13日 16:37
よいかおり 様

おはようございます。
月の写真は難しいですね
「十字に光を放射する十六夜」
こんなふうに私も写したいです。

今日の夜明けは東の空の朝日と
西の空の月が一緒に見れて
とても綺麗でした。

AとかBを俳句に使うのはどうかと
思いましたが・・・・・
被災地ということで許されたく。

脳内が散らかって言葉の塵が浮遊しています(笑)
俳句用の言葉だけ拾ってまとめるのは自己欺瞞?
そんな気がした時つい・・・・
こうなってしまいます。

丁寧なコメントをいつもありがとうございます。
しばらくは月の句が続いてしまいそうです。

Posted by いらくさ at 2011年09月14日 12:39
ダイハード 様

おはようございます。

お酒を7杯飲んで酔いが回って泣いたという
たわいのない飲兵衛の句・・・・・
義理の伯父がモデルです。

舫いは最初帯でしたが変えました。
伯母は故人です。
吾亦紅を病室に飾っていたことを
思い出します。

暗くなりましたごめんなさい。
ご紹介の句いいですね
私ももっと潔い句が書けるひとに
なりたいです。
ありがとうございました!


Posted by いらくさ at 2011年09月14日 12:50
よいかおり 様

おはようございます。
>月桂樹の一夜の風に倒れしも朝の葉叢に小鳥遊ばす
勿体なかったです、月桂樹が倒れてたのですね。

昨日は放哉を読みました。
山頭火も放哉も女性にはマネの出来ない人生
作品もやはり憧れです。
平成にはもうこのような俳人は現れないのでしょうか。

不勉強ということもありますが
傍に置いていつも読んでいたい若い詩人が居ません・・・・・
結果独りよがりの作が続くばかり(笑)


Posted by てるてる小僧  at 2011年09月16日 05:12
昨日、いらくささんの「小鳥来る」の句を拝見して、そうだ、そうだ、私も「小鳥来る」で作った俳句があったと思い、載せました。
今日はこの前の十六夜の写真と一緒に「月も友達」という句を載せましたら、今日の新聞の俳句欄に与謝蕪村の「なかなかにひとりあればぞ月を友」という句が紹介されていて・・。
昔作った数少ない句をいつまでもいつまでも弄くり回している私です。

放哉はほとんど読んだことがないのですが、
秋めいて秋めいて草ぼうぼう
この句は、山頭火を彷彿とさせるなぁと思いながら拝見しました。好きです。

ところで、朝日を東の空に月を西にというと、「菜の花や月は東に日は西に」の逆ですね。
Posted by よいかおり at 2011年09月16日 14:25
追伸、
どうもパソコンの調子が悪く、買い換え時のようです。買い換えると、データーのバックアップなど色々処理していないので、又しばらくごたごたするかもしれませんが、ご心配なく。
Posted by よいかおり at 2011年09月16日 14:36
よいかおり 様

また台風が来ていますね。
日本がぐさぐさと崩れて失くなってしまうような
イメージにとらわれてしまいます。

このところ毎日のように月を見ていて
こんなにも出る時間が変わって
面白いものだといまさらながら感動しました。
寝待月・・・・・その名の通りです。

私はパソコンを黒から赤に変えたら
部屋が明るくなりました。

Posted by てるてる小僧  at 2011年09月17日 14:35
よいかおり 様

さようなら原発集会の様子を
パソコンで見ています。
俳句なんか書いているしかない自分に
少し嫌悪感をおぼえながら・・・・・

今日は涼しくなりました。
ベランダの朝顔は午後をまわっても
萎まずに咲いています。
俳句は「われから」という難しい
お題が出て困っているところです。

ブログでご紹介くださるとのこと
ありがとうございます。
あっそれから、蝉の句いいですね。
では、また。


Posted by てるてる小僧  at 2011年09月20日 14:06
ダイハード 様

お変わりないですか?
今日は雨、寒いくらいになりました。
やっとエアコンも扇風機も
つかわなくてもいい状態になって
ほっとしています。


さてNコンですが(コホン)
二中は東北大会を制しました。
高校は残念でしたが。

子供たちも街中で見る限り
(あまり見かけないのですが)
中学男子が一番元気そうです。
(自転車に乗っている姿とか)

台風の被害がありませんように。
では。
Posted by てるてる小僧  at 2011年09月20日 16:07
はてなの方に載せました。載せ方、変えた方が良いところがあればおっしゃってください。と言っても、レイアウトがこちらの思うようにいかないところがあり、又、見え方も、Macとウインドウズで違うので、どうにもならないかも知れませんが。今回は風が強く、電話とインターネットが又やられるかも、と思い慌ててアップしました。

蝉の句、気に入っていただけてうれしいです。子育て中に作ったものはどんなに手を入れてもものになりそうにないので、過去のこととして作り直しました。

「われから」というのは、何ですか?秋の季語にありますか?
Posted by よいかおり at 2011年09月21日 13:25
よいかおり様

おはようございます。
カッパドキアには約20年も前に旅したのですが
1滴の雨も降らない素晴らしい晴天の10日間を
今頃になるといつも楽しく思い出します。
地下都市には梁に穴があって揺り籠を吊るした跡だと
説明されて感動しました。
日本に地下都市を作ったら湿めっぽいでしょうね。

台風の句・・・・・気分を害されるかもと心配です。
でも自然の災害には私は怒りは感じないような気が
今しているのです。
目に見えない恐怖に比べたら解りやすくて。
こつこつと復旧工事をすれば自然は優しく歩み寄って
美しい街路樹や水の風景をまた街のなかに見せてくれます。

でも台風も地球温暖化のせいで・・・・・
年々スケールが大きくなっているのでしょうね。
阿武隈川の水位が上がって周辺に避難指示が出て
夜中サイレンが鳴っていました。

でももうそれも聞こえず静かな朝になりそうです。
どうぞ良い一日でありますように!


Posted by てるてる小僧  at 2011年09月22日 05:19
凄い!カッパドキアに行かれたんですね。あの歌は実際に触れたところから生まれてきた歌だったんですね!娘が聞いたらどんなにうらやましがることか・・。

台風は、私も結構嫌いでなかったです。子どもの頃は台風の風が吹くと血が騒ぐって感じで。昔のうちの家は、毎年床上浸水するような家で、祖父の二軒続きの長屋の一つに住んでいましたが、夏から秋にかけて私たち母子のいた方はリンゴ箱の上に畳をあげたまま生活していました。
前回の台風の被害は、川の水が氾濫するころにダムを放流したというのが被害を大きくした一因だと思います。

いらくささんは、環境を整えるお仕事に関わっておられたんですね。前の教会で美術大学で街のデザインをしていた青年がいました。デザインを見せてもらったことがあります。

ご存じかも知れませんが、葛原妙子にこんな歌があります。
神殿の稲妻ならねラジウムのアルファ・ベーター・ガンマー放射線(レイ)
原発はやはり神の領域に手を出してしまったということではないかと、私も思います。

先日、虹について聖書辞典で調べましたら、「虹はヘブライ語で「弓」と同一語である。神は怒りの矢を放つが、虹はその弓が空に立ち掛けてあることで、神の怒りが過ぎ去ったことと見なされた。そこからノアの洪水の、云々」と書かれていました。神が矢を放つというのが、なんとなくギリシャ神話的だなと思いながら読みました。

色々長々書いてしまいました。台風が去ってやっと涼しくなってホッとしています。
Posted by よいかおり at 2011年09月22日 11:04
よいかおり様

400m位離れたところまで浸水しましたが
マンションは大丈夫でした。
ただ共有部分に雨漏りがあり何処から漏ったか
特定できないようです。
今日はズンダのおはぎを食べて
なんとかお彼岸らしく・・・・・・
これから季節は厳しい方に向かうと思うと
恨めしいようなお彼岸です。

でも人間の思惑など関係ないよ!
と季節がいつものように
変わって行ってくれるのは
ほんとはありがたいことなんですね。
Posted by てるてる小僧  at 2011年09月23日 20:27
膝の具合が良くないのですか?
私の方は、パソコンのマウスもへたってきていて、カーソールを合わせただけで色んな所を選択しては消してくれたりして、今日はブログアップを何度もやり直ししました。そして、マウスを買い換えました。

いらくささんの俳句や短歌から色んな事を教えられます。ちょっと前には、里曲が「さとわ」と読むことを知りました。小学校の時、「おぼろ月夜」か何かの歌詞で♪さとわの葉影も森の色も♪とか歌いながら「さとわ」って何だろうといつも思っていたものです。

それからターナーの機関車の絵も素敵でした。

いらくささんの作品については素敵なのがありすぎてコメントしきれません。

そうそう、ずんだのおはぎ、いいですね。毎年大量の枝豆送ってもらって作っていましたが・・。
Posted by よいかおり at 2011年10月01日 22:34
よいかおり様

おはようございます。
私が楽しんでいるのは、日常使いの言葉にやや古い言葉を
さり気なく織り交ぜること・・・・・
私の句からあの美しい朧月夜の歌を思い出して頂けたら
とても嬉しいです。

写真は初めの方から、
お祭本番前からデパートのエントランスに飾られた神輿の部分、
安積國造神社の参道にあるお店の軒先の提灯、
駅近く町なかに止められた山車の横に供えられた神饌です。
さっき駅前を一回りしてきた・・・・・お巡りさんのパトロールを突破して?
といったことを男性が自慢げに話していました。

まだ綿菓子の写真もあるので載せたいと思います。
旭川に初雪とか、季節は人を待たずに回って行きますね。
いつも緊張しているところがほっとするようなコメント、
ありがとうございます。
では、また。
Posted by てるてる小僧  at 2011年10月03日 05:49
よいかおり様

>湯婆恋し やすゑと呼びし祖母の名の
自分ではなかなか作れないのですが・・・・・大好きです。
祖母はゐしと言いました。

梨美味しそうでした、和合さんはおとなしい県民が
飲み込んでしまってる言葉をちゃんと吐き出して
詩人の役目を果たしてくれています。
ただ詩人だけではなく教師ですから人前で話す術を
心得ていますし・・・・・沈黙せずにこの先も
発言し続けて貰えそうです。

私は何もできないので「菜の花プロジェクト」を
支援できたらと思います。
それでeBookを作ってみました。
長い時間がかかる復興、何もしないではいられません。
寒くなりました、お身体に気を付けてくださいね、では。

Posted by てるてる小僧  at 2011年10月07日 04:14
昔の人の名前って、昔の文字を結構使っていますよね。うちの夫のおばあさんは「てふ」さんでした。
俳句的には、「湯湯婆や」とでもした方がいいのかもしれませんが・・。「恋しい」とか、「悲しい」とか言わない方が良いと・・。

「福島の海」を、私のブログに載せられないかと色々やっているうちに載せてしまったんですが、載せたままにしておいてもいいですか?楽天の方です。はてなの方はどうもまだ良く分からないのですが。
「ほうたる来」は0円なんでか???100円でも安過ぎるというのに。そんな値段では、荒れ地が買えませんよ。
Posted by よいかおり at 2011年10月07日 14:29
もしかして、「ほうたる来」の方は、私がブログにリンクしてしまったために売れないということあるでしょうか?(焦)
Posted by よいかおり at 2011年10月07日 14:50
心配ご無用!目標1冊デス(笑)
1冊売れたら奇跡かも
そのくらいのスタンスで始めました。

知人が農場をやっているので
売れたら彼に寄付します。
6月には郡山農学校勉強会を開き
河田昌東を招いて「菜の花プロジェクト」を
紹介しました。

自分も何かしていると思い込んで居ないと
焦るこのごろです。
むしろ逆に戸惑わせてしまったかも知れなくて・・・・
どうぞ懲りずにご訪問下さいますよう
改めてお願いいたします。

Posted by てるてる小僧  at 2011年10月07日 21:14
よいかおり様

おはようございます。
ブログに貼ってくださったのですね
粗末なeBookで申し訳ない気がします。
今日は午後から山本太郎が郡山入りをして
駅前からデモがスタートします。
雨が降らないといいのですが。

最近古語辞典を引っ張り出して
歳時記の隣に置くようにしました。
今まで使わなかったことを反省しながら
ちょくちょく小さい字を拾い読みしています。
木犀もそろそろ終わりに・・・・・
秋は福島を置き去りにしてすたこら行ってしまいそう
長い冬を思うといつもの年以上に侘しさが
大盛りサービス?でやってきまーす。
Posted by てるてる小僧  at 2011年10月15日 05:10
夫が出張で留守をいいことにブログ三昧していました。
でも、肝心の私の「ふくしまの海」の購入は、もうしばらくお預けです。
私個人のパソコンを持たされてはいるのですが、私のものであって私のものでなく・・。会員登録をどういうふうにすれば良いのか?なので・・。
山本太郎、がんばってますよね。ダンス甲子園の頃は?でしたが、最近はカッコ良く見えます。フレ〜フレ〜、ですね。
Posted by よいかおり at 2011年10月15日 10:08
よいかおり様

ツイッター句会のような所から毎日季題が出されます。
昨日は菊膾、今日は檸檬でした。
子供の頃よく菊の花びらを毟る手伝いをしました。
心にあったのは葛原妙子よりも祖母ですね・・・・・

葛原妙子を読むにはキリスト教的な教養が追いつきません。
多分真剣に読むと自分の拙さが恥ずかしくて
書く意欲を失ってしまうでしょう。
まだまだ歌人の作品は見て見ぬふりして
好き勝手に遊んでいたい私です。

山本太郎、写真を撮ってきました。
意外と細かったですよ。
では、また。
Posted by てるてる小僧  at 2011年10月15日 16:48
ダイハード 様

こんにちは。
体重を気にして友達が檸檬1個を昼ご飯にしていた
ことがありました・・・・・

ほんとに母校はどうしてしまったのでしょう。
安積女子高校から安積黎明高校にかわって共学になっても
女声合唱団で頑張っていたのですが。
建物そのものにもダメージを受けているので
微妙な年頃の女子ですから仕方ないかもしれません。

小学校と高校が全国大会に行けませんでしたが
中学生は元気です、自転車を何時もどおりに
乗り回しているのも中学男子。
逆に一番上手く心を見せない術を駆使している年頃
ということなのでしょうか?

親戚の子が二中の合唱団のメンバーです。
先生に捕まってメンバーにされたのだとか。
会ったことがないのでテレビでは
どの子か分かりませんでした。

山本太郎、
郡山は線量が高いので来るの勇気が要ったと
正直に発言して顰蹙を買ったらしくて、気の毒です。

本日はご訪問くださいましてとても嬉しかったです。
ありがとうございました!

Posted by てるてる小僧  at 2011年10月16日 15:03
イノンド 様

こんにちは。。
何を食べたらいいか解らなくなりました。
今週から郡山産の新米を食べていますが
そんなに美味しくなくて・・・・・

葛原妙子は俵万智よりも私にとっては新鮮かつ魅力的です。
かと言って熱心に読むという訳ではありません。
ミューズの神が自分に降りてきてくれよう
真夜中の自分の心を頑是無い子供のように
何もない空っぽの阿呆?の状態にしておきたい私です。
あ、でも歳時記はいつもテーブルにありますが。

>古語と現代語を交ぜて使うのは・・・・・
良くないと知っていても
潔く現代語だけでは書けません。

ガルシア・マルケスの「百年の孤独」を
読んだ時、オールナイトしました。
あの感動と村上春樹の間には距離がありますね。
ノーベル文学賞はまだ先でいいと思います。
寒くなりましたから風邪をひかないようにご用心、では。



Posted by てるてる小僧  at 2011年10月21日 12:26
イノンド 様

おはようございます。
自分自身をデザインする
自分自身をハサミで切る
自分自身をリフォームする
という言葉が好きで学生の頃から
良く使っていました。

私が朝発見するのはゴミ箱に
ぼろぼろクシャクシャ丸まっている自分(笑)
アイロンをかけてピンと伸ばして
なんとかしなくては・・・・・
ですからあんなに綺麗なカーデガンではないのですが。
カーデガンは気になっていましたから
シュールレアリスム的句作?でしょうか。

>りんりんとかすかな風に身ふるはせ金の鈴鳴る鈴の音こぼる
これから金木犀を見るたびに思い出すことでしょう。


Posted by てるてる小僧  at 2011年10月27日 08:28
ツイッター登録していないので見られないと思っていたのですが、いらくささんの呟きが見られるのが分かって今日拝見しました。ライアーは優しい楽器ですよね。うちにも小さいのが一つあります。でも、どこかにしまい込んでしまっていて・・。

お寺とバッハ、なんだか合っているような気が・・。

読者数がすごいと喜んでいたのですが、読者数=購読者数ではないのですね・・。ちょっとガッカリしてしまいました。
Posted by よいかおり at 2011年10月31日 18:07
メボウキ 様

こんばんは。
ツイッター、自分が呟かなくても見れるのですね?
よくわかりませんでした。
一昨日出版社の方と話をしていて2冊売れたことを
話したらそれは凄いと言われました(笑)
ありがとうございます。

左右シンメトリーでないので写真の上着
気になっていましたよ・・・・・
さらに色が変わっていくと知って
いいなぁと。

今日行ってきた講演会、講師の先生のスーツ
被災地訪問用にはそぐわないほど
ぴしっとしていました。
どちらかというと私すこし崩した
着こなしが好きです。

もう11月なんですね、
この緩いスピードの復興・・・・・
では、また。

Posted by てるてる小僧  at 2011年11月02日 01:13
メボウキ 様

こんばんは。
金色の方は・・・燻製卵です。
目覚めてはの方は・・・桑の石鹸、
こおりやまユニバーサルデザインものづくりフェア2011
で買いました。
みなさんいろいろ魅力的なものを作っていますが
やはり価格が問題ですね。
オープニングには中川聰さんの講演と
彼のプロデュースした被災地の子供の絵画展もありました。
絵は写真を撮らせてもらいましたが
ブログに載せていいか聞かなかったので・・・・・

矢沢宰『光る砂漠』懐かしいです。
忘れずにブログに紹介している方がいると知ったら
きっと静かに喜ぶことでしょうね。
明日は立冬、風邪などひかないようにどうぞご用心、では。

Posted by てるてる小僧  at 2011年11月07日 22:40
罪もない

空である秋の

空である

今日の新聞で、国見町の柿が大量に廃棄されるという記事を見ました。
郡山の自然耕栽培のお米の情報も新しくならなくて心配です。
立冬を過ぎて急に寒くなって、なんだか侘びしさが募りますね。いらくささんも、北国の冬、お気を付けてお過ごしください。
Posted by よいかおり at 2011年11月10日 15:22
よいかおり 様

おはようございます。
3・11から8カ月経ちました。
仮設での孤独死が報告されました。
これからもっと寒くなればお風呂場で
亡くなる方が増えるのでは、と心配です。

新潟の人なのです。
絶筆の悲しさは円谷幸吉の遺書と共に
今でも胸を離れません。
やなせたかしが金子みすゞのように
熱心に紹介していました。
みすゞは近年ブームになりましたが
矢沢宰は未だのようです。

今日は阿武隈川の狐が主人公です。
季節の変わり目は季語がぴったりしなくて。

ブログ、変えられたのですね
明るい印象になりましたね。
満月が美しいです・・・・・では、また!

Posted by てるてる小僧  at 2011年11月11日 04:45
メボウキ 様

おはようございます。
昨日草野心平展に行ってきました。

文学館の庭の紅葉が綺麗でした
それから茶の花も咲いていました。
椿や山茶花は写しやすいのですが
茶の花は難しいですね。

こういう寂びた玄人好みの花には
言葉を付けるのもまた難しいと感じました。


Posted by てるてる小僧  at 2011年11月19日 05:47
メボウキ 様

おはようございます。
烏が増えました・・・・・街全体に増えているらしいです。
私は烏はそれほど嫌いではありません。
こんな街なかにいてくれて有難いです。
でもあんまり増えたら怖いですよね。

若い頃は皆夭逝の詩人に惹かれると思いますが
この年齢になっても好きだなんて・・・・・
手練手管の上手い作品の言葉よりも
生まれてまだ震えている露のような言葉に
触れていたいのです。

ですからこのような詩人について
コメントをし合うことができて
とても嬉しいと感じます。
ありがとうございました、では、また。


Posted by てるてる小僧  at 2011年11月23日 06:53
よいかおり 様

おはようございます。
巻繊汁なんて書けもしないのに
パソコンが変換してくれます(笑)

今日はまだ雪は降らないのに
雪山の木の詩を書きました。
俳句よりもこのひらがなの詩の方が
視覚的に面白くてちょっとのつもりが
続いています。

明日はもう12月ですね
街には色々なクリスマスツリーが飾られています。
昨日も写真を撮りましたから追ってUPしますね。

いつもここというところにコメントを頂けて
嬉しい限りです、ではまた。


Posted by てるてる小僧  at 2011年11月30日 06:29
あらた ひろし 様

おはようございます。
期末の忙しいところコメントをありがとうございます。
それほどの自由でもないのです(笑)
ちまちませこいです・・・・・
もっと大声で和合さんみたいにやれれば
いいのですが長いこと原発を容認してきたこと
恥ずかしく思いますから・・・・・
100パーセント被災者の顔出来ません。
冬休みになったら勉強会宜しく。
Posted by てるてる小僧  at 2011年11月30日 06:43
よいかおり 様

こんにちは。
早速若松丈太郎さんの詩を読んで下さりありがとうございます。
20年前にチェルノブイリを視察されている詩人なのです。
かなしみの土地と題して書かれたチェルノブイリの
一連の詩の中でところどころに現れる福島第一原発に
対する危惧が現実になってしまいました。

古書市は楽しいですね。
今日も行こうと思いましたが雨で止めました。
今日はジョンレノンの命日、
酔っ払いの詩にちょっと登場してもらいました。
螺旋階段が絵に出来たら良いのですが・・・・・

柊の歌好きです、
>「ここに居よ ここで生きよ」と声聞こゆ 花柊の鋸歯持つ葉の間に

Posted by てるてる小僧  at 2011年12月08日 17:05
メボウキ 様

こんにちは。
半月で今年も終わるのですね。
駅前のクリスマスツリーが綺麗なんですよ。
でも節電にはなっていなくて(苦笑)

季語は面白いですね、
生活に密着していたり遠かったり。
遠すぎて手に負えない時は空想で
逃げていますが・・・・・
そこのところ自分でも嫌で。
雪吊を見にぶらぶらと吟行に行きたい私です。

Posted by てるてる小僧  at 2011年12月15日 15:56
いらくささん、入院ですか?具合悪いのですか?
Posted by よいかおり at 2011年12月16日 23:08
よいかおり 様

おはようございます。
雪がさらっと積もって寒い朝になりました。

月曜から2週間ほど入院することになりました。
パソコンを持って行きますが・・・・・
やりほうだいというわけにはいかないと思います。

午後はノートと洗面器を買いに行ってきます。
ご心配おかけしてごめんなさい、
眺めのいい部屋らしくて楽しみです(笑)

Posted by てるてる小僧  at 2011年12月17日 09:01
よいかおり 様

こんばんは。
可愛い名前は注射器を持った看護婦さんです。
注射されてる間名札を見ているとみんな可愛い名前で
子とか付いているひとはいないようですね。

部屋の窓は開かないようになっているので
雪も星も楽しめません・・・・・・
昔の雪の景色を材料にして書いています。

たまにラウンジに行くと車椅子に乗ったお年寄りと
若い看護師さんが会話をしていて
それがおかしいんです。
ちっともかみ合わないのに納得してしまうような。

そろそろ眠る準備です。
コメントをありがとうございました、ホッとしました。

Posted by てるてる小僧  at 2011年12月28日 20:43
よいかおり 様

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
自宅から1キロ程度離れただけで
朝日が違ってみえます。
今日は外出届許可を貰ったので
初詣に出かけます。
といっても300メートルくらい
行けば神社なんですが。

新年の歳時記を読んでいます。
米作りに関するお祭りなど沢山出てきて
こんなにも神や自然に祈りながら
守ってきた稲作なのだと・・・・・

良い年にしたいですね!

Posted by てるてる小僧  at 2012年01月02日 06:55
ダイハード 様

新年おめでとうございます。
二中は合唱も金賞、オーケストラも金賞をゲット
私がゲットしたのは入院です。
深刻ではありません。

褒めていただいた句ですが・・・・・
手術日を告げられたのは私なんです(笑)
それから初東雲は男らしい俳句で?
何だか自分でも吃驚しました。

といいながらちゃんと外出許可を貰って
安積艮斎の生家である近くの神社に初詣もしました。
コメント、久々に嬉しかったです。
今年もどうぞよろしくお願いします。
Posted by てるてる小僧  at 2012年01月04日 19:13
よいかおり 様

不耕起農法がテレビで紹介されて心に残っていました。
カルガモ農法と記憶がまぜこぜになっていますが・・・・
農業の復興はよりオーガニックを重視したものになるべきと
思います、当事者にあまり負担はかけられないですけれども。

牛の歌頑張ってください、
ライオンや虎よりも、牛や象が好きです。
人間の労働を黙って助けて呉れてきましたから。

窓の外に高い五重塔とか見えたら良いですね。
鉄の塔、殺風景なんですが朝の眺めは
それなりにきれいで有難いことです。
では、また。
Posted by てるてる小僧  at 2012年01月05日 19:53
よいかおり 様

こんばんは。
ご心配おかけしてます。
明日、手術です。
粥やろうという季語を使いたくて
俳句は作ってみました。
見たこともないのに言葉に惹かれて
やってしまいますが・・・・・
読む方は混乱してしまいますよね。

私はアレルギーが多いので手術とか怖いのですが
大人のアトピーも辛いですね。
仕事に慣れてストレスがなくなっていくことを
願います。

「フレデリック」可愛いです。
ねずみはミッキーマウスとかもっと有名な
キビキビしたねずみが他にいますが
「フレデリック」のほわんとした顔ときりっとした詩
大好きです。
Posted by てるてる小僧  at 2012年01月16日 18:58
このコメントを見過ごしていたように思います。
手術は無事に終わったでしょうか?

「粥やろう」というのは、季語なんですね。知りませんでした。
私の持っている2冊の歳時記には載っていませんでした。もっと厚いものでないと駄目ですね。
季語というのも変わるんでしょうね。昔は、「踏み絵」なども春の季語だったようですし。

娘のこと、ありがとうございます。
いらくささんも、ゆっくり回復なさって無事に退院できますように。
Posted by よいかおり at 2012年01月18日 16:49
よいかおり 様

おはようございます。
無事に終わりました。
今朝は静かな朝になりました。
窓の外の建物には雪がうっすらと積もっています。
看護婦さん、出勤大変・・・・・滑るだろうなぁ。

看護婦さんになったつもりとか
もっとかっこいい患者さんになったつもりで
昨日は短歌をあそんでみました。

写真は何も写すものが無くて水を写しました。
これから、雪の写真撮ってきます。
いつも変わらないご親切を
ありがとうございます、では。

Posted by てるてる小僧  at 2012年01月20日 07:06
よいかおり 様

こんばんは。
手術の結果は少し残念ですが
俳句は今月の最優秀賞に選ばれました。
http://pioneer.jp/soundlab/otohaiku/index.php
小さなご褒美ですが病室でひとりしんみり。
これからも変わらずご指導いただけますよう
宜しくお願い致します。
Posted by てるてる小僧  at 2012年01月31日 19:54
お餅つきの句ですね。選者の方の評も素敵でしたね。
私は旧約聖書のヨエル書の「老人は夢を見、若者は幻を見る」という言葉を思い浮かべました。神の霊が注がれる時には年老いていても夢を見ることが出来るというような意味のようです。聖書の言葉、「若者は恋をする」だったら良かったのに。
でも、手術、何か不都合があったのでしょうか?病院での生活まだしばらくかかりそうなのでしょうか?気になりながら、私の方は、楽天のブログの機能が色々変わって慣れなくて悪戦苦闘しています。何かそれでご迷惑おかけしているかも、と思いつつ・・。
どうか、良くなりますように、良くなりますように。
Posted by よいかおり at 2012年02月02日 10:59
よいかおり 様

こんばんは。
1月31日の本日の一句で
「兵四郎叔父が来た大雪の朝」です。
本日の一句が毎日変わり
月末に選ばれるとご褒美が・・・・・

2月1日に退院しました。
それで夜ふかし再開です(笑)
でもそろそろ眠ります。
Posted by てるてる小僧  at 2012年02月03日 01:03
よいかおり 様

こんばんは。
叔父は正しくは義理の叔父です。
父の妹の主人ですが・・・・叔母は亡くなって
義理の叔父は後添えを複数回迎えています。

時々亡妻の実家つまり
私の母を訪ねて来てくれますが・・・・・
母は独り居の未亡人。
話題は自ずと亡くなった者の話になります。

あ、暗くなりました、ごめんなさい。
志村動物園始まりましたね、ではまた。

Posted by てるてる小僧  at 2012年02月04日 19:08
こんばんは。
外来で待っていると日本語の名字に
不思議な名前がくっいて・・・・・さんお入りください。
呼び出しているひとも明らかにどう読んでいいか
分からないといった感じ。
南米系のエキゾチックな女性が腕を吊って
診察室に入りました。
そこで1句、です。

つわぶきのわた毛の写真が見れてラッキーでした。
ありがとうございました。
蚯蚓まで被害者、悲しいです。
Posted by てるてる小僧  at 2012年02月08日 22:28
よいかおり 様

おはようございます。
近くのトンネルの入口のベンチです。
猫の足跡とトンネルの中のタイルやガラスを写しました。
飛んでいるのは男子フィギアの選手たちです。
クラシックは詳しく無いのですがスケートを見るときは
俄にファンになってしまいます(笑)

大関松三郎の「みみず」を思い出していました。
Posted by てるてる小僧  at 2012年02月12日 07:41
メボウキ 様

こんにちは。写真は皆トンネルの壁です。
雪のベンチはトンネルの入口の近くにあって
出来立ての頃はホームレスの方が使っていたのですが今は誰も・・・・・
美術館通りなんて名前なのでちょっと工夫してあるんですよ。

象は「星の王子さま」の初めに出てくる帽子の中の象です。
私の俳句、やや投げやり?・・・・・で、王子さま気分悪くしてるかも(笑)
3・11が近づくにつれ俳句がどんどん纏まらなくなって
妙な雰囲気が出ていますが、どうぞお許しを。

今朝は外、雪がさらっと積もっていましたが
もう少し明るくなってから写真をと思っている間に
解けてしまいました、いいお天気でーす!
Posted by てるてる小僧  at 2012年02月17日 12:27
よいかおり 様

こんにちは。
よかったですね!短歌研究、明日買いに行きます。
静かにしていると良いのですが、少し動くと熱っぽくなります。
でも運動も必要・・・・・うーん悩ましいです。

今日の季題は、春の空。
東北では季題と実感がたいていずれていますが
それでもなんだかふわっと春らしさが感じられて
今日は明るい雰囲気の句が出来ました。

気分が良くなると体も気にならなくなるかな?と。
ご心配ありがとうございまーす。

Posted by てるてる小僧  at 2012年02月24日 15:05
よいかおり 様

こんにちは。また雪になりました。
3・11以来特に自己と他者の境界がテレビニュースを見ているときなど
限りなく淡く曖昧になっていることがあります。
で、果樹農家の苦悩が語られればたちまち果樹園で剪定をしているひとを詠み、
主語を入れる余地がないのでそのままにしてしまったり。
実際は私は薔薇を1鉢剪定するだけの暮らし。
病気も動脈瘤では無くて・・・・・(苦笑)
ごめんなさい、心配させてしまいますね。

短歌研究、売れてしまっていて注文をしてきました。
そろそろ入るころだと、楽しみにしています。
それから、女性が山頭火に触れているブログあまりないことで・・・・・・
何だか嬉しくなりました。と言いつつ最近の私は井上井月にご執心です(笑)

この雪では猫の声もまだまだ先、猫を見かけることも無い町になったようなのに、
季題が出たので恋猫の句作ってしまいました。
またまた虚句?ですがどうぞよろしくお願いします。
Posted by てるてる小僧  at 2012年03月02日 13:56
動脈瘤、違っていて良かったです!
いちいち作品に現実を重ね合わされては堪りませんね。失礼致しました。私の作る特に俳句は写実から入っているので、空想に羽ばたくことがあまりないもので、ついつい・・。

短歌研究、注文までさせてしまって、申し訳ないです。秋になったらブログに載せようかと思っておりましたが、気の長い話ですよね。本当は私、気が短いのですが。

井上井月、知りませんでした。死の直前の句、凄いですね。とても美しい句でしたね。私もファンになりそうです。

縦長の日本列島で、同じ時期に同じ季語で句を詠むことには無理がありそうですよね。芭蕉の頃にはまだ季語はきっちり出来ていなかったんではないでしょうか?歳時記なんかも読んでいると面白いですけどね。
私って、今こう思ったと思ったら、反対のことをすぐに思うところがあるんですよね。

長々書いてしまいました。このコメントへの返信はいりませんので。
Posted by よいかおり at 2012年03月03日 10:57
よいかおり 様

こんばんは。
そうなんです私の好きな短歌は基本挽歌、
それも読めば癒される優しい歌なんです。
自分では作れないですけれども・・・・・
何といっても、親しい人間関係がありませんから。
などど、言い訳しながら読ませて頂きました。
良いですね、大好きです。
何回も読み返しています。

Posted by てるてる小僧  at 2012年03月08日 00:54
ダイハード 様

こんばんは。
嬉しいコメントをありがとうございます。
外に出ないで妄想俳句を作っていると
これではいけないと・・・・・思うのですが。
放射線量が高くて散歩も怖いし。
ツイッターの方から毎朝出る季題で遊んでいる
しかないという残念な暮らしぶりです(笑)

それでも新日本大歳時記(カラー版)は
絵本のように楽しくてしばし時間を忘れて
妙な俳句生活が続いています。
入院している間も冬と新年の歳時記2冊と
聖書(英語版)を持ち込んでランダムに
読んで退屈をしのいでいました。

あそうだ、二中の合唱団の部長は母方の親戚でした。
私はその子の母親に昔数回会っただけなので
良くわからないのですが、コンクールでソロを
担当したらしいですよ。なんだか先生に拉致されて
無理矢理入部させられたのだとか(笑)
では、またのご訪問をお待ちしています!

Posted by てるてる小僧  at 2012年03月08日 00:59
よいかおり 様

おはようございます。
いつの間にかお互いに大切な存在になれたのですね(笑)
私もそのうち何頁を見て下さいと言えるように
雑誌に投稿してみますね。
楽しみに待っていて下さーい。

>髪洗ふ被災の人々思ひつつ
地震からほどなくしてある美容室が洗髪の無料サービスを始めました。
先日ラジオを聞いていたらそのオーナーがインタビューに答えていました。
自販機に水を買いに行ったら知らない人からカップヌードルを頂いて
自分も何かしなくてはと思ったのでと。
わらしべ長者ではないですが、善意も人から人に
大きくなりながら伝わって行くと知って嬉しくなりました。
人間は本来親切したがり屋かもしれなくて・・・・・

絵は市内のパステル画教室の展覧会で、許可をもらって写したのですが、
全体ではなく部分だけを駆け足で撮影しました。
やはりどのような創作のなかにも何となく3・11が表現されている気がしてしまいます。
一歩進んで作者に質問したり出来ると良いのですが。
ほんと、今度からそうしてみますね。

大犬の陰嚢が咲きました、大胆なネーミング・・・・・
英語では星の瞳とか、猫の瞳とか言うらしく、こちらはきれいでも平凡かなと。
土筆、蒲公英、仏の座。花が次々咲けば、
私は妄想俳句生活から抜け出せます?よね、
待ち遠しいです!では、また。

Posted by てるてる小僧  at 2012年03月14日 05:47
よいかおり 様

映画も良かったですよね。
ルート役の吉岡秀隆が好きです。
「ALWAYS 三丁目の夕日」の茶川竜之介とかも
ピッタリです・・・・・ちょっと情けない感じがして。

春分の日が来るとほっとします。
昨日はいとこと久しぶりに会いました。
線量計を持って来てました、東京から。
「兵四郎叔父が来た大雪の朝」の娘です。
「満作の花散る下で手柴切り」覚えてる?
と聞くと無反応。
彼女が中学生の時作った俳句で、
それを見た私は小学生でした。

人生を忙しく過ごさなかった証拠か?
つまらないことを良く記憶している私です(笑)
言ってみれば私の俳句のお師匠さんだから
何か纏めたら見せてねと住所を渡したのですが
しきりにいやいやと言いながら
新幹線乗り場に消えて行きました。

彼女の母と私の父は兄妹です
二人とも短命でした。
で、昨日は父の命日。そして、春分の日は
いつも忘れられないお葬式の日なのです。

Posted by てるてる小僧  at 2012年03月20日 21:16
今月の短歌研究は又一首に転落してしまいました。(笑い)
ま夜さめて耳すませれば雨音のきこゆる気のす木の国なれば
昨年の台風の前に作っていたもので、のどかすぎますね。落ちた4首と一緒にそのうちブログに載せようかなと・・。

そうそう今月の特選は郡山市の方でした。目に見えない放射線のことが思われます。
Posted by よいかおり at 2012年03月22日 14:38
おはようございます。
良く星を見る人なので月齢もチェックして
イースターとかラマダンを気にしたり・・・・・
でも去年からは夜殆どベランダには出なくなりました。

日曜日に知り合いのギャラリーで野草の絵を見せてもらいました。
あまり綺麗に写りませんでしたがUPしてみました。
「海明け」と「流氷」が季題なのでミスマッチです(笑)。
今の季節、まだ花があまり咲かなくてブログの写真が
誰かの絵になってしまいます。
これは高校の美術の先生の絵でした。
一緒にギャラリーに行った友人が
「あら先生だ。」と言うと「まあうちの親戚なの。」と店の主人。
世間は狭いものですねぇ。

図書館で「桐の花/酒ほがひ」を借りたので読み始めました。
昨日は雪がちらほら、桜はまだまだ先です。
震災以後、東北に歌人や俳人はこんなにいるの?と驚ろかされます・・・・・
皆が楽しい桜を詠める春に早くなると良いですね。では、また。
Posted by てるてる小僧  at 2012年03月27日 05:54
よいかおり 様

こんばんは。
卵ですが、紅茶をほんの少し入れて茹でたらあんな感じになりました。
模様は単純で、マーカーが紺しか見当たらなかったので。
花祭りとイースターが重なって春を引き寄せたみたいで
今日は暖かでした、この調子で行って欲しいものです。

俳句のブログですが、最近いろいろ便利に変わったのですけれども
コメントが100字程度しか見られなくなってしまいました。
承認をして公開すれば全文が見られるようですが
一人でそっと楽しんできたのでもうそれ以外考えられません・・・・・
で、ご提案ですが、長いのはこちらで、短いのはあちらでというふうに
お願い出来たらと存じます。

最近は須賀敦子を読んでいます。
「ウンベルト・サバ詩集」を買いました。
震災短歌や俳句、詩・・・・・忘れてはいけないことではありますが
貧しくても苦しくても、豊かな明るい表現を選ぶ詩人の言葉に
惹かれます、これも春の仕業なんですねぇ(笑)。
Posted by てるてる小僧  at 2012年04月09日 23:56
そうそう、イースターと花祭りが重なりましたね。近くのお店に4月8日に甘茶をふるまいますという張り紙がしてあって、「行きたい!」と思ったのですが、こちらもイースターの礼拝があるし・・。イースターはさらに礼拝後教会のお墓に行くので、甘茶は遠く・・。「お墓参りより甘茶の方がいい」と思いましたが、かないませんでした。

色々と他の方のブログを拝見していると、それに影響されてしまいますね。
最近、私のはてなのブログに星マークをつけて下さった方のところに行ったんですが、嫉妬について書いていて、「人は不幸せな者にも嫉妬する」というような・・。それを読んで思わず「妬み」に関連した俳句を作ったりして、私の方はどんどん暗くなっていました。もともと春は嫌いなので余計なのですが。3月より4月はもっと嫌いで。でも、5月は大好きなんですよね。大好きな5月まで後もう少しです。

ブログの機能が色々変わるとついて行くのが大変です。特に時代の流れについて行けないほうですので、私。
このコメントに返信はいりませんので。
Posted by よいかおり at 2012年04月10日 14:17
よいかおり 様

桜、いよいよです。
駅前に1本だけ若い桜があって昨日咲いていて驚きました。
でも、開成山公園というところの古い桜が、開花宣言のための基準木なので、
こちらが咲かないと郡山のお花見は始まりません・・・・・
この週末にちょうど見ごろになりそうかと。

稲荷寿司の田麩、赤飯のササゲ、子供のころは何で苦手だったのか?
今はもう食べられない祖母の料理、ほんとに懐かしいです。
桜は農作業に深くかかわる大切な、田の神の依代だと思います。
そして神だけではなく死者もまたそこに集ってくるのだと。

ひとりよがりの俳句になりましたが、コメントいただけて
嬉しかったです、あ、それから長いコメントも見られるように
なりましたのでよろしくお願いします(笑)。
Posted by てるてる小僧  at 2012年04月17日 10:35
よいかおり 様

なきむし鳥が復活しました。
オランダ生まれなのでチューリップで祝いました。
菫は摘んで持ち帰ってテーブルで写したかったのですが
もう草にはあまり触りません。
なきむし鳥に気がついていただけますように。
取り急ぎ。
Posted by てるてる小僧  at 2012年04月22日 16:28
写真を拡大して拝見しましたが、傷跡が分かりませんでした。きれいに治されましたね。相変わらず静謐な感じがとてもいいですね。布のチューリップも素敵。

そうそう、いらくささんが以前に室内で撮られた菫の写真、素敵でしたよね。保存していますよ、私。家の中に持ち込めないの悲しいですね。又、野の花を摘むことができるようになりますように・・。
Posted by よいかおり at 2012年04月23日 10:14
よいかおり 様

雨が降りましたが桜を散らすほどでは無くて
諦めていた花をまた今日も楽しむことが出来ました。
ゴッホの桜といわれている絵はアーモンドを描いたらしいですが
6月のイギリスに林檎と桜の間の子のような花が
咲いていたことを思い出しました。
秋には山桜のような花も返り咲いていました。

昔お祖父さんが山から持って来て植えたという
綺麗な桜の有るお宅を見つけました。
山桜の八重ですと仰ってましたが・・・・・
明日UPしたいと思います。
暫く桜の写真ばかりになりそうです。
Posted by てるてる小僧  at 2012年04月28日 22:02
よいかおり 様

おはようございます、雨の憲法記念日になりましたね。
桜の続き・・・・その家の方によると
「おじいさんが昔、杉を植に行った時採ってきた。」そうで
「おばあさんなので、弱っていてこんなに咲くと後で、アメシロが大変。」とか。
おじいさんは自分の祖父のこと(或いは義理の父)で
おばあさんは老木の桜のこと(桜は女性)らしいです。(笑)

我が父も自ら庭に枝垂れ桜を植えて、早めに病死しました。(苦笑)
俳句を作る時はそれらが混ざり、祖父だったり、父だったり、よその方だったりして・・・・・お爺さん。

隣町の町内会のチューリップ、綺麗に咲きそろいました。
手入れは一人の男性がされていて、草むしり完璧です。
私は朝顔の種を蒔きました、少し早かったかも知れません。
では、また。
Posted by てるてる小僧  at 2012年05月03日 12:16
よいかおり 様

こんばんは。
原発周辺では沢山の人がまだ行方不明です。
今日は県警本部長が自ら搜索の指揮をとって
避難区域の海岸に入りました。

昨日はいわきの花屋さんがテレビに写って
かなりの白いカーネーションが
赤やピンクのカーネーションと共に売られていました。
20本ばかりの白いカーネーションに1本だけ黄色を添えた
アレンジメントを男性が買い求めていました。
去年は出来なかったけれど、今年はやっと仏前に供える
気になったとのこと・・・・・

無為の日々を過ごしていることが恥ずかしいです。
瀬戸内寂聴さんのような年齢の方でもちゃんと行動されているのに。

やはり東電の社長にはもっと鮮やかに責任をとってもらいたかった。
私が清水前社長なら剃髪して作業員になって福島第一原発に骨を埋めます。

Posted by てるてる小僧  at 2012年05月14日 21:36
よいかおり 様

こんにちは。
サバの詩集で好きなのは、こんな言葉・・・・・

「この世でいっしょにどこかへ行ってしまいたいのは、

この悲しみだけ、この言葉のない悲しみのほかになにもないのを、

どうすればぼくの天使はわかってくれるのか。ぼくの痛みは

ぼくだけのもので、ぼくのたましいだけのものだと。

妻にだって、いとしい娘にだって、これだけは譲れない。

愛する者たちにも、公平には頒けられない。」

このブログでサバの詩が、少しですけれど読めます。
http://iltavolo.exblog.jp/i26/

竹内てるよ、良いですね。
私も5月の詩を何か書きたくなりました。
Posted by てるてる小僧  at 2012年05月16日 12:30
サバの詩のブログにうかがってみました「われわれの時間」という詩がとても好きでした。
「妻」という詩は抜粋なんですね。全部読んでみたくなりました。詩集が欲しくなりますね、やっぱり。色々な物を片付けて行かなくてはと思っているのですが、なかなか片付きません。その筆頭に本があります。

詩はなかなか自分では作れないので、でも、五月を表すには詩が一番合っている気がしますので、人の詩をブログに載せました。
リルケにも五月の詩があったんじゃなかったかと思うのですが、昔持っていたリルケの詩集が手元になくて・・。
いらくささんの作品お待ちしています。
Posted by よいかおり at 2012年05月16日 16:11
よいかおり 様

「須賀敦子 静かなる魂の旅──永久保存ボックス/DVD+愛蔵本」と
「ウンベルト・サバ詩集」を同時進行で
観たり読んだりすることをお薦めします。
どちらも図書館にあると思います。
ないときはリクエストを。
詩集だけでは楽しさは50%迄いかないかと・・・・・。


Posted by てるてる小僧  at 2012年05月17日 02:39
よいかおり 様

おはようございます。
土曜日は紫雲英畑を見ながら散歩をしてきました。
少しだけ花を持ち帰って写真を撮りました。
歩くのは久しぶりで(まだまだ線量が高いです。)
友人と私以外はところどころ工事関係の方がいただけでした。
あとは皆車で通り抜けるだけ・・・・・
途中の専門学校の庭には大きな線量計が置かれていて
0.78マイクロシーベルトを示していました。
今日もいいお天気になりそうです、では。

Posted by てるてる小僧  at 2012年05月27日 08:06
よいかおり 様

こんにちは。
ご無沙汰いたしました。
てらやまへメール、ブログ更新というかログイン出来ないので、
コメント頂いたことはわかるのですが・・・・・
内容を見ることが出来ていません、ごめんなさい。
こちらの方があってよかったです。
写真も沢山撮れて再開を急ぎたいのですが、
読書が楽しくなって暫くこれでいいかなぁとも。

「トリエステの謝肉祭」を読み始めたので
トリエステの地理が詳しくなりそうです。
DVD残念でしたね、NHKで時々再放送がありますから
そのうち機会が有ると思いますけれども、
テレビはあまりご覧にならないのでしたよね。
私は須賀敦子訳の「ある家族の会話」も今手元に置いています。
あっちの本(イタリア)を読んだりこっちの本(日本)を読んだり
なんとも落ち着かない読書ではあります。
取り急ぎお詫びかたがたお知らせまで。
Posted by てるてる小僧  at 2012年06月05日 12:15
お元気そうで安心致しました。
須賀敦子さんの愛蔵本とサバ詩集、自分の誕生日用に買うことにしました。詩集はやはり手元に置いて、ゆっくり味わいながら読みたいです。一緒に図書館から借りてきていた『ハイジ上』もやはり読めないまま返却することに・・(笑)。
Posted by よいかおり at 2012年06月06日 10:29
よいかおり 様

おはようございます。
http://irakusaa.blog.fc2.com/
古いパソコンからログインして、てらやまへメールを更新しましたが
時間が掛かりすぎるので新しいブログを始めました。
写真が大きすぎる感じがします。
実はサバ詩集は私のもので、須賀敦子は友人のもの。
7月7日が楽しみですね、嵌りますよきっと。
Posted by てるてる小僧  at 2012年06月08日 08:53
新しいブログ、拝見しました。そしてもう勝手にリンクさせていただきました。さっと伺えるように。
いいですね句、どちらも。「栗の花」のほうは、俳句誌とか歳時記に載りそう。
写真と文字が大きくなってとても見易いです(笑)、何か、おばあさんみたい私、この感想。
Posted by よいかおり at 2012年06月08日 11:15
よいかおり 様

おはようございます。
私からもリンクを貼らせて頂きました。
時々おちゃらけたりしてしまうので
そちらのブログの品位を穢がしてしまわないかと
心配ではありますが・・・・・
どうぞお許しを!
Posted by てるてる小僧  at 2012年06月14日 03:34
よいかおり 様

おはようございます。
ブログが相変わらず閉鎖的で申し訳ないことです。
コメントが沢山の方から欲しいわけではないので
今のままにしておきたいのです。
フェイスブックも始めたのでなおのことブログは
聖地?にしておきたいです。
Posted by てるてる小僧  at 2012年06月16日 05:00
よいかおり 様

おはようございます。
昨日は偶然スグリの実がいっぱい実っている庭を見つけました。
そのスグリを挿し木して大きくしたという
お向かいの方が外にいらして一枝切って下さいました。
私のベランダで育てられるか?疑問ですが、やってみます。
良いお天気の土曜日になりました。
今日は美術館まで出かけます。では、また。
Posted by てるてる小僧  at 2012年06月23日 07:23
すぐり、根付くといいですね。

須賀敦子の本とDVDが届いたので、見ていました。「人は生まれ〜愛し、別れ、そして消えていきます。そんな人間の日常を描いた一人の女流作家がいました」という冒頭の部分から魅了されました。勧めてくださってありがとうございました。きっと何度も繰り返し見るだろうと思います。
Posted by よいかおり at 2012年06月26日 10:36
よいかおり 様

おはようございます。
再稼働が切なくて・・・・・俳句にならない俳句を
ツイートしてしまい、今少し反省。
デモに行きさえすれば明快なのにと。

7月は夏休みになる楽しい月でしたよね。
明るい詩が書きたいです、心からそう思います。
Posted by てるてる小僧  at 2012年07月01日 07:58
よいかおり 様

いいね!をありがとうございます。
暑いですね「病葉」なんて季語使ったりして
私も時々俳句のひとっぽくなっています(笑)。
それにしても推敲嫌いが加速して
季題を出されて半ば自動的に反射している?感じで
あまり良い傾向ではないかも・・・・・
でも俳句のシュールレアリスム風、暫く続きそうです。
吟行とか全くしていないので仕方ないと
自分を許しています。
Posted by てるてる小僧  at 2012年07月05日 04:56
よいかおり 様

お誕生日おめでとうございます!

Posted by てるてる小僧  at 2012年07月07日 09:38
ありがとうございました!

急な来客で思いがけず忙しい誕生日近辺の日々でした。
でも、旅と美味しいものとお酒の好きな若者を迎えて、7月7日は久しぶりに『太平洋』という地酒を戴きました。
建築家志望の若者で「シンプルで祈りのある」教会堂を建てるのが夢だそうです。若いってやはりいいですね。

又、いつもの日常にかえって、いらくささんの作品をゆっくり拝見させていただきたいと思います。
Posted by よいかおり at 2012年07月09日 11:01
よいかおり 様

こんにちは。
パンダの誕生を喜んでいたら・・・・・儚い命でしたね。
青田という季題が出たので、田圃を探して写真を撮って来ました。
途中で白い花を見つけましたが名前、分かりません。

今度生まれ変わったら永遠のバックパッカーがいいかな、
若いお客様を想像して、そんなことを考えたりして(苦笑)。
暑いです、文章も纏まりません、では。
Posted by てるてる小僧  at 2012年07月12日 15:59
よいかおり 様

昨日は311以後初めて福島に行ってきました。
県立美術館でベン・シャーン展が最終日。
福島への貸出を渋った持ち主もあって、
一部はコピーが展示されていましたよ。
36度超えの暑さでした。

蠧魚は良く見たことも無いのですが、
季題として出たので京と言う単位とともに使ってみました。
他の方の書かれた震災俳句に違和感を持つ私です。
多分もっとダメージを受けた方は私の句に同じ感情を抱くことでしょう。
もう書かないで済むなら良いと、いつも思うのですが・・・・・

Posted by てるてる小僧  at 2012年07月17日 15:36
「短歌研究一月号」に馬場あき子さんの「閖上を帰る」という30首が掲載されていました。津波の後の瓦礫の海岸線を詠まれたものでしたが、私はその一連に何か違和感を覚えました。会津は馬場さんのお父さんかどなたかの故郷に当たる地のようで、閖上から会津へと向かわれた旅を詠ったもののようです。臨場感が大切だと考えて現地に赴かれたのか、震災を詠むことへの歌人としての使命感からなのか?そのあたり疑問ですが、わざわざその地に赴いて詠まれた歌が私の心にはどうも響いてきませんでした。
逆に、3月末の新聞に載っていた、「虚子は関東大震災の後『あんな地震になると短い俳句で何が描かれやう、何が歌へやう(中略)さういふ場合に名句を作るといふやうな芸当は私には出来ない』と書いた」という記事を読んで、俄に虚子が好きになりました。
ただ、俳句でも短歌でも詩でも、人に見せるということでなく、詠わずにはおれないという場合があると思います。吐き出さずにはおれないという場合。震災詠などもそういうものではないかと思います。書かないで済むようになるまで、書いて吐き出すしかない、そういう時もあるのではないでしょうか。

うちに来られた若者は、スペインのほうの巡礼の道にある小さな教会堂を見に8月末から3か月ほど、また旅に出かけるそうです。
Posted by よいかおり at 2012年07月19日 15:20
よいかおり 様

こんばんは。
あらかじめ死者の装束で開く花、
そんなイメージが月下美人にはあります。
カラフルで長命な花の写真を対比させたつもりでしたが
不評でしたね、合っていないと。

去年照明をLEDに一箇所だけ替えたのですが
昨日またキッチン付近にも付けました。
全光にすると明るすぎて、色々見えて・・・・・
今日は思わずお掃除してしまいました(笑)。
それで、全光という言葉が歌にも入っています。

それにしても何時までこんないじけた言葉で
折角の人生を表現していく私でいるつもり?と
自分で自分に呆れてしまうこの頃ではあります(苦笑)。
Posted by てるてる小僧  at 2012年07月21日 18:45
よいかおり 様

こんばんは、やっと薔薇が一輪咲いたと喜んでいたら
暑くてあっという間に散りかかっています(笑)
ベランダいじりは最小限にとどめていますが
少しいじると色々咲かせたくなりますね。

分りやすく言うと、僻み根性の世界に住んでいると
分析しました・・・・・開会式を見ていて特に
何の感慨も湧かないことに驚いて、ああこれが
被災者のメンタリテイなんだと。
(今は少しお気に入りの選手を応援しています。)

詩はもともと憂鬱調なのにこんな暗くては
読む方も嫌になってしまいますよねぇ?

熱中症にご用心、ではまた。
Posted by てるてる小僧  at 2012年08月03日 21:37
ダイハード 様

暑中お見舞いをありがとうございます。
ほんとに暑いですね。
昨日からお祭りが始まりました。
悲しい伝説がもとになっているお祭りですから(苦笑)
盛り上がりはイマイチですが明日はたこ焼きを買いながら
踊り流しを見に行ってみます。

毎日季語が出されて
俳句を作るというなまけもの妄想俳句なので
褒められると・・・・・嬉しいような申し訳ないような。
実は冷酒なんて飲めないし、線量高くて端居なんてとんでもないし。

それから親戚の子は二中合唱部を卒業して
四月から安積高校合唱団のメンバーになりました。
どうぞご贔屓に!

では台風と食べ過ぎに気を付けて、楽しい夏を過ごされますように。
Posted by てるてる小僧  at 2012年08月03日 21:43
よいかおり 様

おはようございます。。
卵から「弥勒菩薩の思惟のかたちに」
卵も弥勒菩薩もやや古い表現ですが・・・・・
どうしても捨てがたくて。
テレビが調子が悪くなって、オリンピックの真っ最中に(笑)
買い換えることにしました。
もう少し早く壊れてくれるとよかったかなぁと。
木槿や芙蓉があちこちに咲いています。
私の朝顔もお盆過ぎには咲いてくれるかと。
Posted by てるてる小僧  at 2012年08月11日 09:30
よいかおり 様
おはようございます。
ペルセウス座流星群を見に行かれたのですね。
それも寝転んで見たなんて、いいですねぇ。

歌をパソコンに保存してまで読んで頂けて嬉しいです。
実家の庭の忘れ草は夢のようなピンク色の萱草?でした。
今一般に忘れ草と呼ばれているオレンジの藪萱草って
見ていても憂いを忘れる・・・・という感じではないと思うのですが。

今日は市立美術館にクライドルフ展を見に行ってきます。
ほんとは川沿いを散歩しながら行きたいところですが
出来そうもありません、では。
Posted by てるてる小僧  at 2012年08月16日 06:49
よいかおり 様

こんにちは。
夏水仙の花を長いこと忘れ草と思っていたらしいです。
今でも私の中では忘れ草は「星月夜例えばこんな花のため」のピンクです。
近くの川の土手でこの間見つけて写真を撮りました。

去年までそこで見なかったのに・・・・・です。
まさに忘れた頃ひょっこり咲く、忘れ草ですよね。
朝顔が今朝は5個咲きました。
外ばかり向いてないで私の方に向いて咲いてほしいです。
Posted by てるてる小僧  at 2012年08月24日 16:30
愛は抱擁の句を本歌にしてこんな破調の句を作りました。
愛は言葉 木洩れ日の夏の図書館
Posted by よいかおり at 2012年08月25日 09:20
よいかおり 様

こんばんは。
もう9月ですね、人間の事情には何の配慮もなく?!
移り変わる季節に(笑)、有難うを言わなくては・・・・・
朝晩本当に楽になりました。
蝉と虫が両方鳴いて、月がきれいで、空が澄んで来て。

知り合いの先生と、駅なかですれ違ったのですが
急いでいたようだし、博士の威厳が感じられなかったし(苦笑)
なんだかんだで声を掛けそびれました。

>愛は言葉 木洩れ日の夏の図書館
先週図書館に行って「生と死の歳時記」を借りて来ました。寂聴さんは苦手なんですが、投げ出さず読めそうです。
ではまた。
Posted by てるてる小僧  at 2012年09月06日 00:04
よいかおり 様

「雨だよ。いっぱい(雨に)あたって、お楽しみ」は私も大好きです。
この間急に雨が降ったとき、何か小動物がいたので
「なんだっけ、たっぷりあびてお楽しみ・・・・・」と私が言うと
友人が原田知世口調で、正しくこれを言いました。
今は私の俄雨時の口癖です。

10月8日にはNコンがあります、応援してくださいね。
郡山市立郡山第二中学校が6年連続、会津若松市立第四中学校が初出場します。
Posted by てるてる小僧  at 2012年09月09日 07:50
今日は、いらくささんのアップされていたユーチューブから二中のを次々聞きました。アンジェラアキの『手紙』の合唱を聞いていて泣けました。たぶん本人の歌っているのを聞いても泣けないだろうなぁと・・。

10月8日チェックしておきます。ラジオで聴けるでしょうか?

明日からちょっと出かけます。
Posted by よいかおり at 2012年09月09日 18:05
よいかおり 様

こんにちは。
放送予定はEテレで
http://www.nhk.or.jp/ncon/entry/zenkoku.html
ラジオはどうなんでしょうか?遅れて放送になるかも知れません。

早いですね、1年半が経ちました・・・・・
こうやって数えながら、人生を終えるまで行くのですね。
Posted by てるてる小僧  at 2012年09月12日 12:32
調べてくださったんですね。やはりラジオでの放送は後になるようですね。その頃注意していたいと思います。

いらくささんの俳句と短歌、勝手にブログに掲載させていただきました。すみません、いつも事後報告で。
Posted by よいかおり at 2012年09月15日 10:19
おはようございます。
毎日書き飛ばして、自分の書いた句を覚えていなかったり・・・・・
牛の句と歌、取り上げて下さってありがとうございます。
牛も蛙もですが、虫。鳴き声はとても煩くて
声が止むと、ことさらの静寂を知ろしめてくれます。
夕べもよく鳴き、今朝はとても秋らしい朝になりました。
私の朝顔はまだまだ元気で57個咲いています。
毎朝数えているのですよ(笑)ではまた。
Posted by てるてる小僧  at 2012年09月17日 09:36
ダイハード 様
こんにちは!お久しぶりです。
Nコン高校の部見ています。
母校は出場しないのです・・・・・仮設で勉強しているし
しかたないかなと。
どの歌も郡山の子たちが歌うと悲しくてしょうがないのに
星野富弘の鈴蘭の詩はさらに切ないので
黎明の合唱は聞かない方が良いのかも(苦笑)

ああでも福島市から橘高等学校、最後の方に登場すると思います。

めげないのは二中、明後日が楽しみです。
きっとご覧になって下さいね。
日本中の小中高の中で、一番好きな合唱団です。
わが町の天使たち、と勝手に決めていますよ。

Posted by てるてる小僧  at 2012年10月06日 13:57
よいかおり 様

こんにちは。
Nコンが始まりました。
テレビの音量を何時もより大きくして見ています。
福島市から高校、郡山市から中学校、会津若松市からも中学校
バランス良く、仲良く出場を分け合いました。
郡山勢だけが独占していた年もあったのですが(笑)

逢瀬川の詩、川沿いを散歩している間に出来ました。
自然(小さな)の中の散歩は半分は歩行、半分はすでに詩作ですね・・・・・
秋ともなれば。
Posted by てるてる小僧  at 2012年10月06日 14:26
よいかおり 様

こんばんは。
福島の橘高校は銀賞、郡山の二中も銀賞、会津若松の四中が金賞でした。
ラテン語のミサ曲よりも、フランス語の合唱曲の方が
難しいらしいです。
それにしても複雑な恋愛をするフランス詩人の詩を
我が街の中学生が歌いこなすのには無理があります(笑)。

フランス語は結構勉強したつもりですが、辞書を使って読むことが
出来るだけです。
一度フランスに行きましたが英語で間に合いました。
勿論仕事とか面倒なことなんにもなしのひとり旅。

寒くなりました、今日は炬燵に弱くスイッチ入れました。
朝顔が咲いているのに可笑しいですねぇ、ではまた。
Posted by てるてる小僧  at 2012年10月09日 20:27
二中が銀で、会津若松が金でしたか。やはり福島は合唱王国、強いですね。

ところで、昨年、花を咲かせている時に枝を切られたせいか、今年は金木犀が咲きそうにありません。誰にも言えなくて、こちらのブログに恨みがましく書いている私です。
Posted by よいかおり at 2012年10月13日 13:00
ダイハード 様

こんばんは。
秋らしくなりました。山頭火はいい日が命日ですね。
ツイッターの方から毎朝季題が出て、季語の勉強をしていますが
山頭火はやっぱり大好きで・・・・・
日頃の鍛錬?もなんのその、あんなブログになりました。

でもインドアの山頭火風など山頭火に申し訳なく
全てを棄てて旅に出る俳人以外には自由律という
至福のメソッドは与えられないのだと、
自分をなだめたことです。
Posted by てるてる小僧  at 2012年10月14日 01:13
よいかおり 様

この間金木犀が話題になった時
木槿と金木犀は切っても直ぐ伸び元気がよくて
いまの季節の庭木として一番、と聞きました。
来年はまた沢山咲きますよ。

一昨年近所の大きな金木犀の写真を撮っていたら
その家の方が大きく枝を切って持たせてくれました。
ベランダにバケツを置いてそこに飾って楽しんだこと
思い出しました。

さてさて金木犀の香りももうお終いに。
季節は私たちの事情などお構いなしに
いつもの通り巡っていきます(笑)。
Posted by てるてる小僧  at 2012年10月14日 01:57
この前は、愚痴ってすみませんでした。
金木犀、咲いてきました。ただいつもよりちょっとやはり少なめですが・・。
金木犀は寒くなってくると咲くんですね。だからこちらの方が遅いんですね。知りませんでした。
周りにいっぱい金木犀の木あるから、うちに咲かなくてもいいと言えばいいのに、欲張りですね、私。
Posted by よいかおり at 2012年10月19日 20:22
今日の午後、カイヅカイブキの剪定が始まったので、「金木犀は花が咲き始めたばかりだから切らないでください」と言ったら、「金木犀ってどれですか?」って・・。いつも金木犀がどれかも分からないで剪定しているのかと思って唖然としました。「あれです!」としっかり念を押して、今年はなんとか無事でした。
今日は月桂樹も剪定しました。こんな歌を作りました。ちょっと笑えるような歌です。
煮込み料理を作ってください秋の日に刈られて木の葉言い遺しゆく
Posted by よいかおり at 2012年10月21日 17:17
金木犀、よかったですね。紅葉と同じく南下して行きますね。
月桂樹の歌、そうそうと頷きながら読みました。

寒くなってなんだかもうクリスマスのような感じ・・・・・というよりクリスマスでも考えていないと凌げない?この頃です。

私も愚痴ですが、ハリケーンの被災者を抱きしめる大統領を観て、「国民の一人としてお礼を・・・・・」などと第一原発の作業員に言っていた野田さんを思い出し、改めて残念に思いました。
福島県に居ると季節の寒さや、政治家の言葉の不誠実さや、どうにもならないことに、何時にもまして悲しみを覚えます。

パソコンが不調で古い方を使っていてなにかと不便、お返事が遅くなってしまいました。
風邪などひかれませんように、ではまた。

Posted by てるてる小僧 at 2012年11月10日 06:18
よいかおり 様

ついに12月になりました、ベランダが寒々しいです。
薔薇に蕾がついているので部屋に入れました。
残りの鉢にはそのうちビニール袋を掛けようかと。

先週はユニバーサルデザインものづくりフェアでお手伝いをしました。
会場は昨年避難所として使われていた建物で、今はその近くに仮設住宅が建ち、
その住宅に住んでいる方も来場してくれました。
僅かにですが楽しい時間を共有することが出来ました。

冬はほんとにチョコレートの誘惑が悩ましいです。
と言いながら今から紅茶をいれてチョコレートをひとつ。
Posted by てるてる小僧 at 2012年12月01日 04:38
ツイッターを拝見して、『星の王子さま』のバラの花に被せたガラスの覆いを思い浮かべていました。ものにもよるとは思いますが、雪が降り積もった方が植物は雪の下で守られるのかも知れないですね。霜の方が根をやられて駄目になるような・・。
私の方は何もかも放りっぱなしで、いつの間にか咲いてくれています。

ブログに聖フランチェスコの絵を描いたタイルを飾っている写真を載せている方がいて、そちらで、『静かなる魂の旅』の中のあの金魚のシーンのことをコメントしましたら、そのブログに来ているイタリア在住の方がとても喜んで下さったようで・・。
いらくささんに教えていただいたのが拡がっていって、何人かの方を幸せな気持ちにしたようです。
Posted by よいかおり at 2012年12月04日 21:02
よいかおり 様

こんばんは。
新しいパソコン、修理から戻ってきましたが、
またウイルスに感染しそうで怖くてそのままにしています。

金魚のシーンはほんとにいいですね、
あれを見てから屋台の金魚が?!なんだか・・・・・
日本人は魚に対して無神経かなぁと。

今日も揺れました。
明後日あたりが怖いです。
とりあえず洗濯機を回して、
紅茶を何度も入れて、チョコレートを食べています(笑)。

これから紅茶の句書きますね。
では、また。
Posted by てるてる小僧 at 2012年12月07日 21:50
この星に生まれて皆死んでいく途中を歩くひとたちばかり
この歌、好きでした。
でも、「皆」を「みんな」に代えたほうが口遊み易いので、代えますね。

このところ戦闘モードで歌も俳句も出てこない。優しい歌、つくりたいなぁ〜。
Posted by よいかおり at 2012年12月30日 21:27
「けせらせらという名の」を勝手に歌の前詞として使わせて戴きました。いつも事後報告で、すみません。
「鯛焼きの色の小さいかじけ猫」、可愛いですね。「小さき」でなく、「小さな」でなく、「小さいかじけ猫」、とっても気に入ってしまいました。鯛焼きのうす茶色というのも・・。

風邪、すっかり治りましたか?どうぞきちんと治してください。
Posted by よいかおり at 2013年01月22日 22:28
狼をハイヤーのごと乗りこなし
こうなれば私の出番雪女

この句達、気に入りました。特に雪女。
Posted by よいかおり at 2013年01月24日 13:19
ダイハード 様

こんにちは。コメント嬉しいです、もうお忘れかと・・・・・お知らせしたかったことがひとつ、NHK短歌初入選です、6月9日放送、片栗の歌が私です。なんの技巧もなくて恥ずかしいような代物ではありますが。ではまた。
Posted by てるてる小僧 at 2013年05月21日 17:07
ダイハード 様

こんにちは。
今日は小満、良い季節になりました。
もうお忘れかと(笑)思っておりましたが
いつも通りの景気のいいコメント、嬉しかったです。
お知らせしたかったことがひとつ、
NHK短歌初入選です。
6月9日放送、片栗の歌が私です。
では、また。
Posted by てるてる小僧 at 2013年05月21日 17:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。